ここから本文です

アマゾンの新型コロナウイルス対策が、中小の事業者にとって大打撃になりつつある

3/26(木) 12:54配信

WIRED.jp

バーニー・トンプソンは、まさにアマゾンが称賛したくなるような起業家である。かつてマイクロソフトで開発を担当していたトンプソンは、2009年に電子機器メーカーのPlugable Technologiesを立ち上げた。そしていま、ワシントン州レドモンドの同社には35人の従業員がおり、主に独自のノートPC用ドッキングステーションをAmazonで販売している。

アマゾンに依存する販売業者に打撃

2016年にはアマゾンの最高経営責任者(CEO)ジェフ・ベゾスが株主へのメッセージのなかでPlugableを特に取り上げ、トンプソンの会社のような小さな企業の成長をアマゾンがいかに後押ししているかをアピールした。Plugableのサクセスストーリーは非常に象徴的なもので、アマゾンのプラットフォームに新たな事業主を呼び込む映像広告でも取り上げられたほどだった。

そして、新型コロナウイルスがやってきた。トイレットペーパーや食品といった生活必需品の需要に圧倒されているアマゾンは、このほど米国で10万人を追加雇用する一方で、4月末まで米国や英国、カナダの従業員に少なくとも2ドルの臨時昇給を実施すると発表した。

また、Plugableの製品も含む必需品以外のすべての商品を4月5日まで倉庫に受け入れないことも決定した。イタリアやフランスでは、アマゾンは在庫にかかわらず生活必需品しか配送しない予定だ。

Amazonの出品者に打撃

今回の方針変更により、(すでに多数が新型コロナウイルスによる混乱を経験している)Amazonへのセラー(出品者)たちは、商品を顧客に届ける新たな手段を慌てて探すことになった。配達には24時間から数週間、もしくはそれ以上は余計にかかるようになり、売り上げの急落につながっている。「商品が1カ月も配達されない状況で、注文しようという人はいません」と、Plugableのトンプソンは言う。

こうした動きに対して、アマゾンの広報担当者は次のようにコメントを出している。

「新型コロナウイルスが当社の販売パートナーの多くに及ぼしている影響については理解しています。優先度の高い商品を一時的に優先することで、商品の受け入れや仕入れを素早く行い、現在これらの商品を必要としている人々、特に高齢者や公共の場所で被害を受けやすい人々に迅速に発送することができます。この点をパートナーの皆さんに理解していただいていることに感謝しています」

アマゾンはまた、納品の時間に基づく業績指標も含め、セラーのポリシーを一部緩和することも明らかにしている。

1/3ページ

最終更新:3/26(木) 12:54
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事