ここから本文です

【50代が行くべき名店】日本食材を取り入れたモダンなインド料理店

3/26(木) 20:12配信

集英社ハピプラニュース

日本で初めてのイノベーティブなインド料理のお店が銀座にオープン。料理長自らが厳選した食材と、スパイス類が織り成す新しいインディアン・キュイジーヌの魅力をご紹介します。

【写真】大人が行きたい美食レストラン

『SPICE LAB TOKYO』

【GINZA】スパイスが織り成すモダンインド料理が登場

8皿のコースから。2皿目はインド各地の屋台料理を洗練させたフィンガーフード5品

今、世界のガストロノミーが土地の食材や料理法を生かす方向になっている中、日本で初めてのイノベーティブなインド料理のお店がオープン。料理長自ら食材の生産地をめぐり、日本食材を取り入れたモダンなインド料理をお皿にのせる。日本人にとって、スパイシー=辛いというイメージが強いが、スパイスは本来、食材の風味を引き立て、甘味や酸味、苦味、辛味、渋味といった幅広い味わいをプラスするもの。しかも体を温めたり冷やしたりといった体調を整える効能も。インドの伝統的なレシピを基本に、現代的な軽い食後感のある料理が、ディナーなら8皿ほど。吟味された食材とスパイス類が織り成す新しいインディアン・キュイジーヌ。

上階にはバー『THE GREY ROOM』があり、スパイス風味のアフタヌーンティーセットが楽しめる。

インテリアのベースになるのは青碧色

11階のバーでは銀座の眺望を楽しめるテラス席でのアフタヌーンティーも

北海道産のあんこうをココナッツとターメリックのソースで

インドのラグジュアリーホテル『オベロイ』『アマン』で活躍、デンマーク『ノーマ』での修業経験もあるテジャス・ソヴァニシェフ

東京都中央区銀座6の4の3 GICROS GINZA GEMS 10F
Tel.03・6274・6821
11:30~15:00、18:00~21:00LO
無休
ランチ¥3,300~、ディナー¥8,800~ 
『THE GREY ROOM』
同ビル11F
Tel.03・6274・6023

撮影/上原ゆふ子 取材・原文/北村美香 ※エクラ2020年4月号掲載

最終更新:3/26(木) 20:12
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事