ここから本文です

中島健人&平野紫耀、お互いの好きなところを語る 「紫耀は自然体なところが魅力」「健人くんは仕草の1つ1つがかっこいい」

3/26(木) 15:35配信

リアルサウンド

 ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』に主演する中島健人(Sexy Zone)と平野紫耀(King & Prince)が表紙&巻頭グラビアを飾った『月刊TVガイド』5月号が、3月24日に東京ニュース通信社より発売された。

 平野がジャニーズJr.だった頃、何度もSexy Zoneのバックに付いて踊っていたこともあり親交が深い2人。撮影当日も中島と平野は談笑しながらスタジオへと入ってきた。共演するドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』で2人はバディーを演じるということで、“仲がいい2人だからできるポーズ”をカメラマンは次々とリクエスト。中島に“お姫様抱っこ”された平野は「(自分が)担ぐ方だと思った! 嬉しい!」と満面の笑みを、一方中島は必死に体勢をキープしながらも笑顔を見せた。“限界ギリギリの至近距離で見つめ合い”をした際には、目が合う度に照れくささから爆笑してしまい、カメラマンから「シャッターが押せない!(笑)」と何度もNGに。中島が「次は絶対決めよう!」と気合を入れ直し、なんとか見つめ合うことに成功したカットはぜひ誌面で確認してほしい。

 2人のクロストークでは、お互いを褒め合う展開に。中島は「紫耀は自然体なところが魅力。斜に構えてなくて迷いなくナチュラルでいるところがすっごい好き。ここまで常に開国してる人はいない。初めて会ったときからずっとだもんね」と平野の飾らない性格を絶賛。平野は「健人くんは仕草の1つ1つがかっこいい。だって今も飲み物のストローを出すとき、口で袋をくわえてシュッ!と抜いてましたからね。かっこよすぎるでしょ!」と中島の一挙手一投足に注目。すると中島は「そんなのよく見てたね(笑)。言われれば言われるほど恥ずかしくなっちゃう。次からはみんなの前でストローの袋を取らなきゃいけない飲み物は飲まない! 絶対に!」と苦笑を浮かべていた。そして、中島が「俺らも『修二と彰』『亀と山P』みたいな名コンビになれたらいいよね」と言うと、平野も「本当に! 僕たちもそんな存在になれるようにがんばりたい!」と応じるなど、名コンビ誕生を予感させる対談となった。

 なお、今号をアニメイトにて購入された方に、購入者特典として声優・神谷浩史の特典生写真が1枚プレゼントされる。(詳細:https://zasshi.tv/products/detail/HBMTG1001_001-2020-D0500-00-00-00)

リアルサウンド編集部

最終更新:3/26(木) 15:35
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事