ここから本文です

コロナ影響で「外出自粛」…ゲーム業界に「特需」がありそう

3/26(木) 19:15配信

幻冬舎ゴールドオンライン

春になって外を出歩きたい季節ですが、新型コロナウイルスの影響で外出しづらい状況です。東京都に続いて、近隣各県でも外出自粛要請が出てきました。ますます「巣ごもり」の人が増えそうですが、その恩恵を享受できるセクターとして、ゲーム各社に注目します。

「外出自粛要請」で大人も外出しにくいムードに!?

新型コロナウイルスの感染者拡大を受け、3月25日夜に小池東京都知事の「外出自粛要請」に関する会見が行われましたが、翌26日には、埼玉県など近隣の各県でも足並みをそろえる動きが出てきました。

政府による学校の一斉休校要請で、生徒・学生が外を出歩きづらいとか、親が子を連れて公園や近所のスーパーマーケットに行くと他人から注意されるといったことがニュースでしばしば伝えられていましたが、ついに、大人も外を出歩きづらくなる可能性が出てきました。

先に「緊急事態宣言」が出された北海道では、不要不急の外出どころか、仕事でどうしても出勤しなければならない人でも、「外を歩いていて、大丈夫ですか?」とテレビのリポーターが大通公園でインタビューをしている(あるいは、とがめている)様子がテレビの情報番組などで見受けられました。こんな感じで「外出してはならぬ」というムードが醸成されていったとの指摘も聞かれます。

ただ、家にいてテレビばかり見ているかとなれば、それも飽きてきます。ふだん忙しい大人に時間ができて、その恩恵を享受できるセクターの1つが、ゲーム各社です。

もともと、3月から4月にかけては、日本ではゲーム株が堅調に推移するケースが多いです。それというのも、ゴールデン・ウィーク(GW)を目前に控えて、GWにヒマでゲームをやる人が増えるだろう→ゲーム各社の業績にプラスになりそう→ゲーム株が上昇といった、鉄板の「方程式」に関する思惑が投資家の間に広がります。

3月20日に、任天堂から「Nintendo Switch」向けの完全新作『あつまれ どうぶつの森』が発売されていますが、このほかにも各社から、新作発表や大型アップデートがこの時期に相次ぎます。これは、GWに向けての施策と言えます。

これが今年に限って言えば、「外出自粛要請」によって「特需」が期待できる状況なのです。

1/2ページ

最終更新:3/26(木) 19:15
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事