ここから本文です

【交番で不倫行為】尼崎の男女警察官が仮眠時間を削って快楽に没頭「雰囲気に流されて」懲戒処分

3/26(木) 17:00配信

文春オンライン

常にトップをキープしている処分事由は「異性関係」

 昨年だけでも警察の不祥事をめぐっては高知県警や北海道警の女性巡査と複数の男性警察官との不倫が明らかになったが、実は、警察庁の統計では、懲戒処分者数は年々減り、2019年は243人と過去最低に迫る水準だった。

 そのなかでも常にトップをキープしている処分事由はやはり、「異性関係」だ。ここ数年の数字だけをみても常に3割をキープしている。

 なぜ異性関係なのか。「背景には女性警察官の進出がある」と皮肉な見方をする警察関係者もいる。

 またも警察庁の統計を引けば、02年度には4.0パーセントだった女性警察官の比率は18年度に9.4パーセントにまで上昇。新任警察官に限っては17年度には17.8パーセント。実に6人に1人が女性というレベルにまで広がっている。

女性警察官が増えるにつれ、セクハラも増加

 職種も交通などに限らず、暴力団などの組織犯罪を扱う部署や体力勝負の機動隊、殺人を扱う捜査1課など、あらゆる職種に女性警察官が配属されつつある。

 そもそも組織内で男女が出会う確率が格段に上がっているというわけだ。異性関係のなかでも多いのはセクシャル・ハラスメント。それだけ女性が増えれば不祥事の割合のなかで異性関係が増えるのも無理はないともいえる。

 しかも署長などの幹部登用も広がり、幹部の女性比率も18年度には498人と、09年度の142人の3倍以上にまで上がっており、今後は逆セクハラが増える可能性まである。

他の組織でもトラブル続出

 女性の進出にともない、トラブルが起きているのは警察組織だけではない。

 他の組織を見てみると、女人禁制の組織の最たるものと言えばかつては潜水艦勤務だったが、自衛隊では18年にとうとう解禁。まだ特にトラブルの報告はないが、いち早く11年に解禁した米海軍では14年には男性兵士による女性兵士のシャワー姿の集団盗撮事件が発覚、最近でも女性兵士のセクシー度ランキングリストが出回るなどトラブルが続発した。

 無論、男女の比率が増えたといってもそれが男女間の不祥事が増える理由に直結するわけではない。問題は、女性登用拡大の大方針が進むなかで、それに伴って必要となるはずの制度や運用が十分に整備されきっていないことかもしれない。

2/3ページ

最終更新:3/26(木) 18:36
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事