ここから本文です

栗山千明独立の裏に“金銭トラブル”!? 事務所側は「誤解」と回答

3/26(木) 21:00配信

文春オンライン

「数年前から、芸能事務所『スペースクラフト』が相当な経営不振の状態にあるという噂がずっと流れています。モデル部門はかろうじて黒字なのですが、芸能部門は大赤字だそうです。そのうえ事務所の看板女優である栗山千明さんが退所してしまった。社員たちは、いよいよ事務所の存続は難しいんじゃないかと不安にさいなまれています」(芸能関係者)

【画像】事務所退社を決めた栗山千明(4枚)

子役時代から30年間事務所を支えた大黒柱

〈この度、私、栗山千明は所属していました事務所、スペースクラフト・エンタテインメント株式会社を円満に退社し独立する運びとなりました。幼く何も分からない私を30年に渡りご指導いただきました事務所関係者様には感謝しかありません。

 今後は自身で考え自身の力で努める所存です。皆様のこれまでのご支援に感謝申し上げるとともに、今後ともご支援のほど宜しくお願いいたします。栗山千明〉

 3月23日、女優の栗山千明(35)は自身のツイッターアカウントを開設し、所属の芸能事務所「スペースクラフト・エンタテインメント」を辞め、独立することを報告した。栗山は子役時代から30年にわたって「スペースクラフト」を支えてきた大黒柱だ。

「栗山さんが事務所に所属したのは5歳のとき。ティーン雑誌『ピチレモン』や『ニコラ』などでモデルとして活動し、女優へと活動の舞台をうつしていきました。2003年には、クエンティン・タランティーノ監督のハリウッド映画『キル・ビル Vol.1』で女子高生ボディーガード役に大抜擢。その迫力ある美貌と演技力に注目が集まりました。

 2004年には『下弦の月~ラスト・クォーター』で映画初主演を務め、2011年にはNHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』にも出演。最近では4月からスタートする『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 Season2』(BSテレ東)に主演しています」(スポーツ紙記者)

海外でも注目を浴びる歌手としての実績

 女優としてだけではなく、歌手としての実績もある。アジアやアメリカでも注目を浴びていた。

「2010年に『機動戦士ガンダムUC』(episode1)の主題歌『流星のナミダ』で歌手デビューを果たした栗山さんですが、これが香港やアメリカで大反響を得た。アメリカの『MTV Iggy』で『ARTIST OF THE WEEK』に選出され、栗山さんの大特集が展開された。香港で同年2月に行われたイベント『機動戦士ガンダムUC ワールドプレミア』に登場した際には、現地メディア70社が取材に駆けつけました。香港の有力ラジオ局『RTHK』のJ-POPウィークリーチャートでも1位を獲得しています。

 また、栗山さんが出演する資生堂『ホワイトルーセント』のCMはアジア全域で放送され、2014年に香港で開催された『アジア・フィルム・アワード特別賞セレモニー』で『ライジング・スター・アワード』を受賞しています。栗山さんの世界進出には事務所も力をいれていた」(同前)

1/3ページ

最終更新:3/26(木) 21:00
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ