ここから本文です

嬉々として「一億総下請け国家」に突き進む日本人の末路

3/26(木) 7:01配信

現代ビジネス

吸い上げられる日本人のカネ

 電通が11日に発表した日本の19年のインターネット広告費は、2兆1048億円と前年に比べて19.7%増加した。一方、テレビ向け広告費は2.7%減の1兆8612億円と微減、ネット広告に初めて抜かれたが、金額としては2500億円の大差をつけられた。

【写真】「日本のどこがダメなのか?」に対する中国ネット民の驚きの回答

 新聞、雑誌、ラジオ、テレビのオールドメディアを合わせた「マスコミ四媒体広告費」も2兆6094億円と5年連続で減少しており、オールドメディアが束になってもネット広告に敗れる日がもう目前に迫っている。いまから10年前、2010年のネット広告費は約8000億円だった。このままの流れが続けば、5年を待たずに逆転するだろう。

 筆者は以前、「休みは年間1日…テレビ業界没落、下請け『超絶ブラック労働』の実態」という記事で、テレビ業界の「貧すれば鈍する」を地で行く現状について報じた。視聴者のテレビ離れが広告費の減少を招き、それが制作費を圧迫、制作現場へしわ寄せが行って、労働環境は劣悪を極めている。

 これまでテレビが広告主を説得するのに使っていた、「ナンバーワンメディア」という売り文句も、もはや使えなくなる。上記のような「悪循環」は加速こそすれ、改善する見通しはない。今後、テレビ業界の弱体化はますます進んでゆくだろう。

 さらに民放にとっては、NHKが4月からテレビとネットの同時配信を始めることも、大きな痛手となる。ネット動画配信サービスの好調が続く限り、外資のNetflixやAmazonなどに日本人のカネは吸い上げられる。

 カネが集まれば集まるほど、彼らは良質なオリジナルコンテンツを量産するようになる。日本の民放局とはまさに正反対の「好循環」であり、こうした外部要因も民放テレビ離れに拍車をかけていくことは間違いない。

「プラットフォーマー支配」の現在地

 電通による先の調査では、「ネット広告は大型プラットフォーマーを中心にオンライン動画やソーシャルメディア広告が伸びている」と分析されている。「大型プラットフォーマー」とは、具体的にいえばおなじみGoogleとfacebook、そして日本企業ではYahoo!  Japanを抱えるZホールディングスなどのことだ。

 スマホが普及から一気に全盛を迎え、メディアの状況が塗り変わった2010年代は、その生態系において主導権を握るGAFAが急速に伸びていった。Google(Alphabet)とfacebookの2社だけで、世界のネット広告費の6割程度を独占している。

 単純計算で、2010年から19年までのネット広告費の成長幅は年間およそ1兆3000億円。その大部分が、今後は毎年のように彼らの懐へ入ってゆくことになる。まさしくネット時代の「税金」はGAFAへ支払われる、と表現しても過言ではあるまい。

 年間1兆円以上もの資金がGoogleとfacebookに流れ込むのを、もはや止めることはできない。いまやGoogleはネット検索のみならずあらゆる分野へ進出し、AI、さらには自動車・自動運転技術、ロボットといった領域にも参入しつつある。facebookそのものは一時期に比べ廃れた感があるものの、 買収したInstagramが軌道に乗って以降、懸念されていた若年利用者もカバーできるようになっている。

 今回の電通の調査結果から、「テレビの凋落、ネット時代への本格的な移行」を読み取るだけでは十分でないと筆者は考えている。われわれ日本人が真に直視すべきは、この10年間、数々の「無料で便利」なサービスをいわば先行投資として、GAFAが世界中から「広告費という税金」を巻き上げる構造を粛々と作ってきたという事実だ。

1/3ページ

最終更新:3/26(木) 10:46
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ