ここから本文です

広瀬すず、母親に何でも相談「ブラックな部分を知っている」

3/26(木) 16:35配信

ザテレビジョン

3月25日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系) は、ゲストに広瀬すずが登場。姉・広瀬アリスや家族との関係性などを明かした。

【写真を見る】初めての時代劇で濃姫を演じる広瀬すず

街の女性が持つ広瀬のイメージが合っているか、いないかを答える企画を実施。姉妹ケンカをしたら負けなさそうという意見に「負けたとは毎回思ってはない」と強気。ケンカのときは冷静に言葉で攻め続けると言い、アリスは部屋に逃げていくという。

ただアリスは感情の起伏があるタイプで、広瀬は根に持っていても、翌朝になるとケンカのことを忘れていたりもしするので「あっち(アリス)も負けたと思ってないと思います」と姉妹ならではの事情を暴露。仲はいいものの、今でもケンカをすることはあり、ペットのご飯をあげてなかったなどの理由が多いと明かす。

“家族に秘密にしていることがなさそう”というイメージには「ないかもしれない」と認める。「たまったストレス発散場所は全部お母さん」と母親に絶大な信頼を置いていて、「ブラックな部分を知っているのはお母さん」と何でも話しているのだという。そんな中、国分太一が父親に相談することはないのか、と尋ねると、広瀬は「ないですね」と即答。娘を持つ国分は「ショック」と口にし、「そうなるのかな」と悲しい顔になる。

さらに映画「一度死んでみた」で共演した吉沢亮、堤真一からのイメージにも回答。吉沢は広瀬と共演した際、「(映画で)初コメディーと言ってたのに、(堂々としていて)全然そんな感じがしない」と言い、朝ドラで共演したときも「すずちゃんがあまりにもちゃんとしてるからどう支えたらいいかわからない」となったと話し「大した女優さんだな」と思ったという。そのため、広瀬は緊張しないと予想。すると広瀬も「緊張は基本的にしないです」と大物ぶりを見せる。

一方、堤の地図が読めなさそうという予想には「読めないかもしれない」と同意する。ただ車の運転は好きで、1日オフがあると「朝から晩まで予定をつめていろんなところに行くためだけに運転したい」とストレス解消法の一つでもあると話す。音楽も聴かずに無音で乗ることも多く、同じ車好きの長瀬智也は「無音は本当の乗り物好き」と認めた。

SNSでは「広瀬アリスさんに対してめっちゃ強気なのね笑」「広瀬すずが好き過ぎてたまらない!」「広瀬すずさんになりたい」などのコメントが上がっていた。

次回の「TOKIOカケル」は4月1日(水)夜11:00より放送予定。ゲストに南海キャンディーズが登場する。(ザテレビジョン)

最終更新:3/26(木) 16:35
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事