ここから本文です

「国外のレンタル移籍も」 久保、レアルの“成功事例”の再現に海外注目「後悔なく去る」

3/26(木) 6:30配信

Football ZONE web

来季も久保はレンタル移籍の方針「クラブは久保の環境の変化を望んでいる」

 マジョルカの日本代表MF久保建英は今季、リーガ・エスパニョーラ初挑戦で3ゴール2アシストの記録を残している。現在レアル・マドリードから1年間の期限付き移籍となっているが、レアル専門メディアは久保の今後について注目しており、「理想的にはスペインクラブだが、国外のレンタル移籍も除外しない」と主張している。

【動画】レンタル移籍継続? マジョルカ久保建英、華麗な対角線シュートで今季3ゴール目の瞬間

 ベンチスタートが続いていた久保は、第25節ベティス戦(3-3)で6試合ぶりに先発出場を飾ると、1ゴール1アシストの活躍で結果を残し、第27節エイバル戦(2-1)では右足のグラウンダーシュートで決勝ゴールを奪った。序盤は苦しんだものの、スペインサッカーへの適応を、徐々に目に見える結果へと結びつけている。 

 そんななか、現在世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響により、リーグ戦の長期延長の可能性も取り沙汰されているが、久保は6月30日までの契約となっている。レアル専門メディア「Defensa Central」は「レアルの考えは、もう1シーズン、ローンで経験を積ませることだ」と来季も久保はレンタル移籍で武者修行に送り込む方針であると伝えている。

「クラブは久保の環境の変化を望んでいる。少なくとも、彼は欧州の舞台のために戦うこともできる。ウーデゴールが素晴らしい成果を出した経験を与えるつもりだ」と今季レアル・ソシエダで飛躍を遂げたノルウェー代表MFマーティン・ウーデゴールも模範として久保を育成していくつもりであると説明している。

「この日本人はマジョルカで適応しており、今ではファンの信頼を得ている」としつつも、「レアルの判断に従う意向で、退団が最善の策であれば、後悔することなく立ち去るだろう」と主張。また、ドルトムントにレンタル移籍中のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの成功を例に挙げ、「理想的にはスペインクラブだが、出場機会を優先するため、国外のレンタル移籍も除外しない」と指摘している。

 久保については「目標はあくまで“白い巨人”で成功することだ」と強調し、レアルに帰還するための最善のルートであれば、あらゆる選択肢も受け入れる姿勢のようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/3(金) 12:11
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事