ここから本文です

スタイリスト6人が選ぶNo.1“春アウター”。こう着ればかっこいい!

3/27(金) 22:01配信

MEN’S NON-NO WEB

この春、大人スタイリストが選ぶベストなアウターとそのスタイリングには、新しい着こなしのヒントが詰まっている!

リーバイスのボンバージャケット

■アーカイブラインでUSムードを堪能

松川さんはアメリカの田舎をイメージしたコーデ。「古着で探していた“リーバイス(R) フレッシュ プロデュース“シリーズの再現モデルがリーバイス(R)のビンテージ クロージングから発売されていて。アメカジにクロムハーツのベルトでエッジをきかせたい」。(スタイリスト 松川 聡さん)
ジャケット(リーバイス)¥35000/リーバイ・ストラウス ジャパン

テクストのコットンジャケット

■白のコットンジャケットが春らしい!

上品な白アウターにスケートブランドのグラフィックTやユーズドのペインターパンツを合わせ、足もとはデザートブーツで締めた飯垣さん。硬軟織り交ぜたスタイリングが巧み! 「昨年から白パンをはいていたら白アウターにも目が行き始め…この1着はきれいな印象なので着くずすイメージで」。(スタイリスト 飯垣祥大さん)
ジャケット(テクスト)¥72000/パーキング

古着のレザージャケット

■今季、レザーを着るならシングルを!

モードとストリートの融合に定評がある高橋さんはレザーが気分だそう。「素材としてレザーを取り入れたいのですが、今季はライダースではないものを選びたい。これくらいフラットなデザインでさらりとはおれるようなジャケットが理想的でした。それでも重さがある分、他は淡色を合わせてスニーカーで仕上げています」(スタイリスト 高橋正典さん)
※すべて私物

ユーゲンのスタンドカラージャケット

■70′s風に着るならシンプル&いなたく

小松さんは70′s調が気分だそう。「注目ブランドのユーゲンで絶妙にいなたい1着を発見。フレアパンツとスカーフで仕上げたい」。(スタイリスト 小松嘉章さん)
ジャケット¥88000・スカーフ¥21000(ともにユーゲン)/イデアス ロンT(トーガ ビリリース)¥19000/トーガ 原宿店 パンツ(ウエストオーバーオールズ)¥19000/ストール ショールーム

1/2ページ

最終更新:3/27(金) 22:01
MEN’S NON-NO WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事