ここから本文です

男子プロテニス協会は6月8日からのツアー再開を期待

3/27(金) 18:03配信

テニスマガジンONLINE

 男子プロテニス協会(ATP)の責任者で元ツアープロのアンドレア・ガウデンツィ(イタリア)は、はっきりした目安が立つのは4月末になるだろうが6月8日にツアーは再開すると信じたいとの考えを述べた。

ATPツアー2019(シュツットガルト、ハレ、ロンドン)|PHOTOアルバム

 新型コロナウイルス感染症の世界的拡大が世界のスポーツを休止させている間、ATPとWTAがついに再開するのを待ちながら、テニス選手たちは辛抱を強いられている。今のところ、男子と女子のサーキットは6月7日まで休止ということになっている。

 ATPのガウデンツィ会長は水曜日に、テニスシーズンにおけるその後を決めるに当たって4月末の時点での状態が決定的判断要素になるだろうと指摘した。

「その翌月のニュースを待つことはない。4月の終わりにその時点での状況を分析し、現在行われている休止措置の先について決断を下すことになる」とガウデンツィ会長は語った。それと同時にグラスコートシーズンを予定通り行うためにも6月8日にツアーを再開できるよう願っているとし、「私は6月8日にツアーを再開できると強く信じている」と締めくくった。

最終更新:3/27(金) 19:00
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事