ここから本文です

「レタスが必要」人気モデルが手作りお菓子と物々交換を提案

3/27(金) 21:03配信

コスモポリタン

新型コロナウイルスの影響でスーパーは品薄状態、人々は隔離生活を送っている。そんな中、ロメインレタスが必要だった、モデルのクリッシー・テイゲンが3月23日(現地時間)にTwitter上でバナナブレッドと物々交換をしてくれる人を募集。

【写真】かっこいい!「肉割れ」を堂々と披露したクリッシー・テイゲン

「ロメインレタスをくれる人にバナナブレッドを作るわ。交換は6フィート(約183cm)離れて行い、床に物を置いて行う。インチキはなしよ」

多くのファンが手をあげたものの、クリッシーが最終的に選んだのはYouTuberのクリス・クレメンズ。

近くに住んでいる人の中で、唯一トレーダージョーズ(アメリカのオーガニック系スーパー)のロメインレタスを持っていた彼。このロメインレタス、1袋に3つも入っていて、かなりお得! クリスは自身の写真と共にロメインレタスを持っていることを証明。タイムリーであることを示すために、時計の日付が入った動画も送り、クリッシーの信用を得たよう。

二人は翌日に物々交換をすることを約束。ところがクリッシーは「バナナブレッド1個分ではなく、半分とパイ2切れでどう?」とオファーの変更をクリスへ依頼。

その理由はというと…バナナブレッド1個分の材料しかなく、夫で歌手のジョン・レジェンドも食べたかったから!

「クリス、大変! バナナブレッド1個分の材料しかなくて、ジョンが全部交換は嫌だって言うのよ。バナナブレッド半分でもいいかしら? 私の家族を思って。私たちにお情けを」

「ジョン・レジェンドとバナナブレッドの取り合いで喧嘩をするの(笑)? いいよ!」

そして翌日。物々交換の場所は、教会の駐車場! クリッシーは子どもたちのおもちゃの車を持ってきて、クリスはメジャーで6フィート(約183cm)をきっちり測る。

ちなみにこれはアメリカの疾病予防管理センターが推奨する、人との距離は6フィート程度を保つという予防法を守るため。接触を避けるのに、おもちゃの車を使って物々交換を実行…!

結果的にクリスはバナナブレッド半分とパイ2切れ、ワイン1本、クリッシーは3つのロメインレタスをゲット。クリッシーは「ハグできなくて、残念だったわ」と最後にコメント。二人の間で生まれた友情にも乾杯!

ちなみにクリスはこの物々交換の様子を早速動画としてYoutubeにもアップしているから、この一部始終をチェックしてみて。こんな時だからこそ助け合いの気持ちを忘れず、2人のように人に優しく楽しく毎日を過ごしたい。

最終更新:3/27(金) 21:03
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事