ここから本文です

中古市場が熱い…!「セカンドストリート」が女性に大人気の理由

3/27(金) 8:01配信

現代ビジネス

国内600店舗以上、海外進出も

 洋服やバッグなどを中心に中古品の売買を行う総合リサイクル店「セカンドストリート」をご存知だろうか。

【写真】13歳女優の官能シーンに批判殺到、上映中止に。女性監督が振り返る

 “セカスト”の愛称で知られる同店は、国内で664店を展開するだけでなく、北米に6店舗、マレーシアに3店舗と海外にも出店を拡大。売上においても着実な成長を遂げている。

 実はこのセカンドストリート、あの「ゲオ」のグループ会社の一つだ。ゲオはDVD・CDのレンタル、新機種ゲーム機器や中古ゲームソフトの売買などで全国展開しているメディア系ショップだが、2013年にセカンドストリートを吸収合併している。

 ゲオグループは現在、リユース、レンタル、新品販売の3分野をメイン事業としており、中古品を販売するリユース事業は衣服などを扱うリユース系とパッケージソフトなどを扱うメディア系に大別される。

 2019年3月期の売上は2926億円であったが、中でも伸長を遂げているのがセカンドストリートを中心とするリユース事業。国内中古市場において初めて売上高1000億円を突破した。

 セカンドストリートは洋服やバッグ、アクセサリーなどファッションアイテムの品揃えの豊富さで知られるが、それ以外にもテレビや洗濯機、冷蔵庫などの家電、家具、アウトドア商品まで、様々なものを扱っている。また、このような総合型のリユース店だけでなく、アウトドアや楽器、ラグジュアリーなどに特化した専門性の高いコンセプトショップも展開している。

 では、なぜセカンドストリートがここまで躍進しているのだろうか。その理由とリユース業界の展望、そして抱える課題についても考えてみたい。

実際に買い取りを体験してみた

 本記事の作成を機に、筆者は近隣のセカンドストリートに実際に足を運んでみた。訪れたのは、大型総合ショップの「スーパーセカンドストリート」である。

 また今回は、買い取り査定を経験するために雑貨品などを持ち込んでみることにした。揃えた物はアクセサリー、布製のバッグ、ハンドタオルなど。頂き物などもあり、大半が未使用だ。少し贅沢なランチが食べられる程度の査定を期待して、店内に足を踏み入れる。

 入口のすぐ近くに買い取りエリアがあり、査定の間に店内を見て回ることにする。筆者が訪問した店舗は2フロアから構成されているのだが、販売されているものの豊富さには驚かされる。リユース品とはいえ、かなりきれいな物が多く、生活雑貨や台所用品などは未使用品も多い。

 店内は明るく広々としており、キャンプ用品のコーナーではテントやタープが実際に設置され、アウトドア専門店のような空間が演出されている。平日の昼時だが客数はかなり多い。客層は女性客が多く、女性服のコーナーがやはり賑わっている。

 査定は店員がタブレットで1点ずつ単価を説明してくれた。いずれも単価10円から50円という査定で、合計額は牛丼チェーンで食事ができる程度。期待額との差が大きくちょっと落胆したが、基準がよく分からないので査定が妥当かどうかは判断できない。

 来店客を観察していると、ショッピングのついでに不用品を持ち込んでいるという感じの人が多く、売却だけを目的に来店している人は見当たらなかった。どうやら、セカンドストリートは、従来の中古リサイクル店にはない、「不要品を持ち込み、同時にショッピングを楽しめる」明るい空間を創出しているようだ。

1/3ページ

最終更新:3/27(金) 8:01
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ