ここから本文です

RIZAPグループのSDエンターテイメント、株主優待を変更も、利回りは21.4%を維持!「フィットネス施設利用券」が廃止され、「RIZAPグループ商品」のみに変更へ

3/27(金) 0:05配信

ダイヤモンド・ザイ

 RIZAPグループの子会社で、フィットネス事業や保育園事業を手掛けるSDエンターテイメント株式会社が、株主優待を変更することを、2020年3月19日に発表した。

【詳細画像または表】

 SDエンターテイメントの株主優待は毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上の株主に、保有株数に応じて商品カタログから選べる『RIZAPグループ商品』と『フィットネス施設利用券』を贈呈」というものだった。

 今後は、「フィットネス施設利用券」が廃止となり、「RIZAPグループ商品」のみになる。同時に、「RIZAPグループ商品」の贈呈額も変更される。なお、「RIZAPグループ商品」のカタログには、SDエンターテイメントの経営するフィットネス施設、またはインターネットカフェ施設の「特別割引証」も掲載される。

 この株主優待の変更は、2020年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

●SDエンターテイメントの株主優待の詳細
  (変更前)

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  3月末
100株以上
◆RIZAPグループ商品(3000円相当)
◆フィットネス施設利用券4枚(8000円相当) 
200株以上
◆RIZAPグループ商品(6000円相当)
◆フィットネス施設利用券8枚(1万6000円相当) 
400株以上
◆RIZAPグループ商品(1万2000円相当)
◆フィットネス施設利用券16枚(3万2000円相当) 
600株以上
◆RIZAPグループ商品(1万5000円相当)
◆フィットネス施設利用券20枚(4万円相当) 
1000株以上
◆RIZAPグループ商品(1万8000円相当)
◆フィットネス施設利用券24枚(4万8000円相当) 

  (変更後)

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  3月末
100株以上
RIZAPグループ商品(1万1000円相当)
200株以上
RIZAPグループ商品(1万7000円相当) 
400株以上
RIZAPグループ商品(2万9000円相当)
600株以上
RIZAPグループ商品(3万5000円相当) 
1000株以上
RIZAPグループ商品(4万1000円相当)

●SDエンターテイメントの株主優待利回りは? 
 SDエンターテイメントの2020年3月26日時点の株価(終値)は512円なので、株主優待の利回りは以下のようになる。

【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×512円=5万1200円
優待品:RIZAPグループ商品とフィットネス施設利用券の合計で1万1000円相当
株主優待利回り=1万1000円÷5万1200円×100=21.48%

(200株保有の場合)
投資金額:200株×512円=10万2400円
優待品:RIZAPグループ商品とフィットネス施設利用券の合計で2万2000円相当
株主優待利回り=2万2000円÷10万2400円×100=21.48%

(400株保有の場合)
投資金額:400株×512円=20万4800円
優待品:RIZAPグループ商品とフィットネス施設利用券の合計で4万4000円相当
株主優待利回り=4万4000円÷20万4800円×100=21.48%

【変更後】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×512円=5万1200円
優待品:RIZAPグループ商品1万1000円相当
株主優待利回り=1万1000円÷5万1200円×100=21.48%

(200株保有の場合)
投資金額:200株×512円=10万2400円
優待品:RIZAPグループ商品1万7000円相当
株主優待利回り=1万7000円÷10万2400円×100=16.60%

(400株保有の場合)
投資金額:400株×512円=20万4800円
優待品:RIZAPグループ商品2万9000円相当
株主優待利回り=2万9000円÷20万4800円×100=14.16%

 SDエンターテイメントの株主優待は「RIZAPグループ商品」のみに変更された。「フィットネス施設利用券」が廃止された分、贈呈される「RIZAPグループ商品」の額面が上がっているが、200株以上の株主は株主優待利回りが低下することになる。とはいえ、カタログから好きなものを選べる「RIZAPグループ商品」のほうが「フィットネス施設利用券」よりも多くの人にとって利便性が高いはず。また、利回りが低下したといっても、株主優待利回りは100株保有時で21.48%、200株保有時でも16.60%もあるので、魅力はむしろ増したと言えるかもしれない。

 ただし、商品ラインアップについては、「前回の株主優待より商品種類を絞りながらも、人気上位の商品で現在販売しているものを極力残した商品ラインアップに変更させていただきます。また、消費税増税及び物流費高騰の観点から、商品ごとの設定ポイントを、若干引き上げさせていただきます」とのことだ。

 SDエンターテイメントは北海道を地盤として、フィットネスクラブやホットヨガスタジオの運営、保育園運営などを手掛ける企業。2020年3月期(通期)の連結業績予想は、売上高が48億円(前期比31.9%減)、営業利益が1億6000万円、経常利益が1億3000万円、当期純利益が7000万円。不採算店舗の閉店や業態転換、店舗リニューアルによる休業のため減収となるも、コスト削減や保育園関連の新規出店は順調で、ゆるやかに増益。

 ■SDエンターテイメント

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 サービス業
 4650
 JASDAQスタンダード
 3月末
株価(終値)
 必要株数
 最低投資金額
 配当利回り
 512円
 100株
 5万1200円
 0.30%
 【SDエンターテイメントの最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

※株価などのデータは2020年3月26日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ザイ・オンライン編集部

最終更新:3/27(金) 0:05
ダイヤモンド・ザイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事