ここから本文です

スマホで投資信託を買いやすい証券会社9社のサービス比較! 初心者におすすめのLINE証券、tsumiki証券、スマホ専用サイトをオープンしたSBI証券などに注目

3/27(金) 21:05配信

ダイヤモンド・ザイ

 スマホで投資信託を買うときに、おすすめの証券会社とは?  大手証券会社7社+新規参入組2社の合計9社の「取扱商品数」や「検索機能」「積立方法」など「スマホの投資信託サービス」を比較! 

【詳細画像または表】

 ダイヤモンド・ザイ5月号は、特集「いつでもできる手のひら投資【スマホで投資信託】」を掲載!  最近、多くの証券会社が、スマホで投資信託を買いやすい環境を整備している。スマホでの投資信託の取引は、株やFX(外国為替証拠金取引)に後れを取っていただけに、投資信託で資産運用をしたい投資家にとっては朗報だろう。しかし、そのサービス内容は証券会社ごとに異なっており、当然使い勝手の良し悪しにも差がある。そこで、特集「いつでもできる手のひら投資【スマホで投資信託】」では、主要な証券会社7社+新規参入組2社の合計9社の「スマホの投資信託サービス」を比較。どんな人にどんな証券会社が適しているかを紹介するほか、スマホで投資信託を買う手順も解説している。相場が急落している今は積立投資を始めるチャンスでもあるので、「つみたてNISA」を検討中の投資初心者も必見だ! 

今回はこの特集から、証券会社9社の「スマホの投資信託サービス」を比較した一覧表を抜粋!  証券会社選びの参考にしてほしい。
【※関連記事はこちら! 】
⇒【スマホ株アプリおすすめ比較・2020年版】スマホ株アプリ(Android版・iPhone版)を検証! 銘柄選びからチャート機能、情報ツールまでチェック

●大手ネット証券や新規参入組など、9つの証券会社を比較! 
スマホで買える投資信託の種類や本数、サービスの違いとは? 
 近年、投資信託の投資のハードルがどんどん下がっている。大手ネット証券やネット銀行などでは、おおむね100円から投資信託を買うことができるし、購入手数料0円もすっかりメジャーに。クレジットカードなどで貯めたポイントで、より気軽に投資信託を買う人も増えている。

 ただ、少し前までは、スマホでは投資信託を買いづらいという問題があった。もちろん、スマホから証券会社のホームページにアクセスして、PC用のサイトを閲覧しながら取引することはできたが、スマホの小さい画面だとPC用のサイトはかなり使いづらい。頻繁にスマホで投資信託を買うなら、アプリやスマホ用に最適化されたサイトが不可欠だ。

 そこで、ダイヤモンド・ザイ編集部は、証券会社9社の最新の「スマホの投資信託サービス」を調査した。対象としたのは、読者にも利用者が多いネット証券5社と、店舗型の大手の野村證券、大和証券。さらに最近、証券業界に新規参入したLINE証券とtsumiki証券も調査対象に加えている。

 9社を調査し、投資信託を買う方法(スマホ専用サイトやアプリなど)や取り扱い商品数、積み立ての可否や積み立てする際のさまざまなルールなどについて比較したのが、以下の表だ。

 ◆スマホで投資信託が買える大手ネット証券5社のサービス比較! 

 証券会社名
SBI証券2月末から専用サイト開始
楽天証券独自の投信評価がある
松井証券アプリは投信に特化
マネックス
証券サイトもアプリもPC並み
auカブコム
証券サイトのほうが便利
 投






 スマホ専用
サイト
 〇
 〇
 -
 〇
 〇
 スマホ
アプリ
 SBI証券
かんたん積立
 -
 松井証券投信
アプリ
 マネックス証券
アプリ
 kabu.com for
iPhone
Android/au
 ス








 全体
 2656本

 2644本

 1241本

 1177本
 1163本

 積立
 2535本

 2501本
 989本
 1110本
 1112本
 ブルベア
 25本

 12本
 8本
 22本
 8本
 最




 スポット
 100円以上
1円単位
 100円以上
​1円単位
 100円以上
​1円単位
 100円以上
​1円単位
 100円以上
​1円単位
 積立
 100円以上
1円単位
100円以上
1円単位※1
 100円以上
​1円単位
 100円以上
​1円単位
 100円以上
​1円単位
 コ


 購入時
手数料
 0円

 0円

 0円

 0円

 0円

 入

リアルタイム入金※2
 13行(即時入金)
 12行(リアルタイム入金)
 17行(ネットリンク入金)

 10行(即時入金)
 4行(リアルタイム口座振替)
 スイープ
機能
 住信SBIネット銀行
 楽天銀行
 -
 -
 auじぶん銀行
 積

自動
引落し※3
銀行引落し※登録が必要だが、専用サイト・アプリからは不可
銀行引落し・

楽天カード 銀行引落し
 銀行引落し
 銀行引落し
 買付日
 毎日、毎週、毎月、複数日、隔月

毎月※引落し方法によって異なる
 毎日、毎週、毎月
 毎日、毎月
 毎月
 つみたて
NISAの
買付
 〇(アプリ)

 〇

 〇

 -
 -
 投




 条件検索
 銘柄検索
 投信スーパーサーチ
 かんたん検索、
詳細検索
 詳細条件検索
 検索条件は、運用会社、手数料率、買付方法のみ
ランキング※4
販売金額・件数・積立設定金額・件数(週間、月間)※カテゴリでの絞込みも可能
 買付金額・積立設定・NISA・値上がり・値下がり(週間)
 買付金額TOP10・NISA買付金額TOP10(月間)
 売れ筋(週・月間)、積立契約件
数(月間)、分配金利回り、ペー
ジ閲覧、値上がり(6カ月・1年)
 買約定(日・週・月間)、運用成績(1カ月、年)、配当利回り、純資産残高
 ロボアド
 SBI-ファンドロボ
 ロボのぶくん
 投信工房
 -
 -
 使



 お気に入り
登録
 200銘柄

 100銘柄×
10ページ

 -
 10銘柄×10ページ

 -
 そ


 特徴
 アプリは積立に特化。楽しいデザインで初心者にもわかりやすい

 ログイン前の画面のほうが、検索しやすい。文章や
分類などが中上級者向け

 アプリは積立に重きをおいているので、積立の申込みはスムーズ

 運用会社のレポートがまとまっていて読みやすい。
NISAは別サイト

 積立は「プレミアム積立」で、スポット購入とは別のカテゴリーになる

 証券会社名
 SBI証券
 楽天証券
 松井証券
 マネックス証券
 auカブコム
証券
 2020年3月5日時点 ※1証券口座、楽天カードクレジット決済以外は1000円から ※2 事前登録が不用のサービス ※3 銀行引落しは信用金庫等含む ※4 ランキングの項目はログイン後

 ◆スマホで投資信託が買える大手証券+新規参入のサービス比較! 

 証券会社名
野村證券銘柄登録ができる
大和証券大和ネクスト銀行と連携
LINE証券入金がカンタン
tsumiki証券4本に絞り積立に特化
 投






 スマホ専用
サイト
 〇
 〇
 -
 〇
 スマホ
アプリ
Compás
豊かな未来の
積立アプリ※1
 -
 LINEアプリ
 -
 ス








 全体
 800本以上

 435本

 28本

 4本
 積立
 約600本

 380本

 -
 4本
 ブルベア
 約20本

 12本
 3本
 -
 最




 スポット
 1万円以上1円単位
 1000円以上1円単位
 100円以上​1円単位
 -
 積立
 1000円以上
1000円単位
 1000円以上
1円単位
 -
 3000円以上
1円単位
 コ


 購入時
手数料
 一部ノーロード
ファンド有

 一部ノーロード
ファンド有

 0円

 0円

 入

リアルタイム入金※2
 10行(web入金)
 5行(入金取引)
 LINE Payから

 -
 スイープ
機能
 -
 大和ネクスト銀行

 -
 -
 積

自動
引落し※3
 銀行引落し
銀行引落し※大和ネクスト銀行資金
お取り寄せサービス
 -
 エポスカード
 買付日
 毎月

 毎月

 -
 毎月

 つみたて
NISAの
買付
 〇

 〇

 -
 〇

 投




 条件検索
 ファンド検索
 ファンド検索
 -
 -
ランキング※4
 買付金額(月間)、3年騰落率、純資産総額、月次資金流入額
 買付金額・件数・つみたて金額・件数(月間)、純資産総額
 リターン(3年、1年、6カ月)、購入件数(週間)
 -
 ロボアド
 -
 -
 -
 -
 使



 お気に入り
登録
 10銘柄×5ページ
 20銘柄
 -
 -
 そ


 特徴
 最低投資額が高い。アプリは動画なども用意されており、目標設定の助けに

 LINEやメールで「基準価額到達」「分配金」などの通知サービスがある

 シンプルな作りなので初心者でも使いやすい。LINE Payの入金もラク

 エポスカードからの引落しになり、積立でもカードのポイントが貯まる

 証券会社名
 野村證券
 大和証券
 LINE証券
 tsumiki証券
 2020年3月5日時点 ※1 iPhone専用

 ご覧のとおり、証券会社によって特に大きな差があるのは、スマホで買える投資信託の本数だ。新規参入のLINE証券は28本、tsumiki証券は4本とかなり少ない。ただし、選択肢があまりに多すぎても商品選びが難しくなるので、初心者はむしろ商品が厳選されている新規参入組のほうが始めやすいかもしれない。新規参入組の2社は、そもそもスマホユーザーを念頭にサービスを提供しており、スマホで取引をするときの操作性にも優れているのがメリットだ。

 より多くの投資信託の中から、自分の投資方針に合致するものを探したい人は、ネット証券5社の中から選ぶのがベターだ。いずれも投資信託の取い扱い本数が多いばかりでなく、情報も充実。スマホ専用サイトやアプリでも、PC用サイトと比べても遜色ない内容が用意されている。

 なお、ネット証券5社にもそれぞれカラーがある。SBI証券は、2020年の2月末に投資信託のスマホ専用サイトをオープンさせたばかり。スマホアプリもあるが、こちらは積み立てに特化しているのが特徴だ。松井証券はスマホ専用サイトこそないが、アプリに力を入れているので、そちらを使えば問題ない。楽天証券は情報が盛りだくさんで投資家には嬉しいが、やや中・上級者向けなイメージもある。マネックス証券はコンパクトにまとまっており、使い勝手はよさそうだ。auカブコム証券は、好きなタイミングで投資信託を買うスポット購入と積み立ては別カテゴリーになっているので注意しよう。

 スマホで投資信託を取引するにあたっては、「商品検索」のスムーズさも重要。会社ごとに微妙に検索の仕方が異なるので、使い比べてみるのがおすすめだ。また、気になる投資信託が見つかったら、とりあえず「お気に入り」として登録をしておくとラクだが、登録できる数も証券会社ごとに違う。たとえば、野村證券は50銘柄まで登録できて、個別にメモが書けるのがユニークだ。スマホで取引するなら、LINEやメールでの通知サービスも便利だろう。大和証券では「この基準価額に到達したら」「分配金が出たら」など、さまざまな設定条件に当てはまったときに、通知してもらえるサービスが用意されている。

 さて、ここまで証券会社9社の「スマホの投資信託サービス」の比較を紹介してきた。ダイヤモンド・ザイ5月号の特集「いつでもできる手のひら投資【スマホで投資信託】」では、このほかにスマホで実際に投資信託を買う手順を紹介しているほか、相場が大きく動いているときに注目度が上がる「ブルベア型投資信託」などについても取り上げているので、誌面も併せてチェックしてほしい。

●コロナ・ショックが相場に与える影響や、注目の銘柄を紹介! 
ダイヤモンド・ザイ5月号をチェック! 
 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号には「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載!  新型コロナウイルスのダメージが大きい業種別に鋭い分析を加えた「セクター別の打撃度チェック! 」を掲載している。さらに、新型コロナウイルスの感染が拡大する今こそ注目の銘柄も紹介! 「家ナカサービス」「新型コロナ克服」「ノーダメージで成長」という3つの視点で24銘柄を選んでいるので必見だ。

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ5月号は、恒例特集の「【2020年春】株500+Jリート14・激辛診断」「今こそ買える!  米国株100銘柄」「インフラファンドは今が買い? 」「自転車保険が全国で義務化へ」「『プログラミング教育』が始まる背景と狙いとは? 」など、お得な情報が盛りだくさん! 

 また、別冊付録は、こちらも恒例の「全上場3761銘柄の【理論株価】」!  株の割安度をズバリ判定できるのが理論株価のメリットだが、この別冊付録では、全上場銘柄の理論株価を網羅。現在、株価の暴落によって割安株は増加しているが、割安度合いを測る際に、理論株価を知っておくと役立つはずだ。

ザイ編集部

最終更新:4/11(土) 0:01
ダイヤモンド・ザイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事