ここから本文です

Cocomiもついにデビュー、野村萬斎娘はTBSアナ内定 親の七光りもアンチも使ってナンボの時代?

3/27(金) 11:00配信

デイリー新潮

「電通案件」ならぬ「工藤静香案件」と言うべきだろうか。木村拓哉・工藤静香夫妻の長女・Cocomiもついに芸能界デビュー。妹のKoki,と同じくファッション誌の表紙を飾り、クリスチャン・ディオールのアンバサダーに就任するという。妹の時と同様、異例の抜擢ぶりに、また裏で工藤静香が手を引いているに違いないと、反感を買っているようだ。

【写真】野村萬斎の長女・彩也子さん

 妹のデビュー当時、長女は芸能界でなくフルートの名手として国内外で活躍、という触れ込みだったように思う。でも結局芸能界入りするのね……というトホホな感じは否めない。

 とはいえスタートダッシュさえ華々しくできれば、あとはマイペースにやっても話題と人気は集められると踏んだのかもしれない。4月からの大学入学を控え、芸能活動は抑え目にする旨が発表されている。このペース配分、さすがは静香ママである。

 時を同じくして野村萬斎の娘・彩也子さんもTBSの女子アナに内定したと報じられた。公文式のCM出演や読者モデル経験、慶應SFCのミスコン優勝など、多くの民放女子アナが内定までにたどったステップを着々と踏んでいただけに、こちらはやっぱりね、という気がする。

 親の七光りと言われて恥じるような女性は今は昔、使えるものなら親でもなんでも使うというガッツ溢れる姿勢が令和女子たちのデフォルトのようである。でもそれは少し理解できる。自分たちの賞味期限は思うよりも短いことを、それこそ親たちを見て悟っているからだろう。次から次へと美人で才能豊かな若き人材が現れ、自分たちのポジションを脅かす。そして注目度が高いがゆえに、ちょっとした言動の緩みがSNSであっというまに炎上し、芸能界を追われることもある。だったら早いうちに「出る杭」よりも「出すぎた杭」になっておけば、打たれたとしてもリカバリーが早い。打たれている間に親とも相談し、また次のキャリアを考えればいい。そう考えるのはやむを得ないのかもしれない。

1/2ページ

最終更新:3/27(金) 11:00
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事