ここから本文です

メジャー開幕延期で得する人損する人。 最も恩恵を受ける日本人選手は?

3/27(金) 6:30配信

webスポルティーバ

新型コロナウイルスの感染拡大により、メジャーリーグは3月26日(日本時間3月27日)の開幕予定を最短2週間ほど延期したあと、米疾病対策センター(CDC)の自粛要請により開幕をさらに伸ばすと発表しました。これにより、今季のメジャー開幕は早くとも5月中旬以降と予想されています。

【動画】山川穂高が「調子乗っちゃって」パフォーマンス

 それは、日本人選手にどのような影響を及ぼすのでしょうか? まず、開幕延期によって一番気になるのは、先発投手陣のコンディション調整です。

 メジャーの監督やコーチの話によると、休ませたリリーフ投手の球速を上げるためにピーキングを再調整するのは、さほど時間がかからないと語っています。また、試合から離れていたバッターも少しの調整期間があれば、すぐにバッティング感覚を取り戻せると言います。

 ただ、それに比べて先発投手は、肩を作り直すのに数週間かかります。オープン戦で何試合か登板し、徐々に球数を増やして60球ほど投げ込んだあと、ようやく本来のピッチングができるようになるのです。

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は「今ある状況のなかで、しっかりと準備していくことが大事」とベテランらしい対応を見せていますが、ミネソタ・ツインズの前田健太投手は「もう1回、キャンプ前みたいな感じ」と語り、再び仕上げるための調整の難しさを言い表しています。

 メジャーの開幕時期はコロナ次第なので、ピッチャーの調整期間も自ずと短くなりそうです。よって開幕当初は、先発投手の球数はかなり制限されるのではないでしょうか。

 1994年からの長期ストライキで1995年シーズンの開幕が1カ月近く遅れた時、当時ボルチモア・オリオールズで開幕投手を務めたマイク・ムシーナは5回3安打無失点と好投しながら、わずか49球で降板しています。その後、ムシーナは登板間隔を空けながら、徐々に球数を増やしていきました。

 先発を任される日本人投手たちも、今年のシーズン初めは球数が抑えられて、5回未満で降板することもあり得るでしょう。そうなると、なかなか勝ち星に恵まれないかも知れません。

1/4ページ

最終更新:3/27(金) 6:30
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ