ここから本文です

八重樫幸雄は秋山翔吾の獲得を進言。 スカウト目線で重要なポイントは?

3/27(金) 6:20配信

webスポルティーバ

「オープン球話」連載第17回(第16回はこちら>>)

【スカウト時代に心がけていたこと】

【動画】松坂大輔が日本ハム・王柏融から三振奪取

――さて、今回からは八重樫さんのスカウト時代について伺います。八重樫さんがヤクルトで北海道・東北担当のスカウトを務めていたのは、いつからいつまでのことですか?

八重樫 高田繁監督の2年目からだから、2009年にスカウトになって、4年前の2016年シーズンまでスカウト担当だったね。球団からは「編成をやるか、スカウトになるか、どうする?」って聞かれたんだけど、「スカウトがいい」って答えたんだよ。現役時代から早めに神宮球場に行って、東京六大学とか、東都リーグを見るのが好きだったから。 ――具体的な選手については、次回以降にあらためて伺います。8年間のスカウト生活において、八重樫さんが選手を見極める際のポイントを教えてください。

八重樫 ポイントはいくつかありますよ。体格面、技術面、性格面、家庭環境......。個別に挙げていくと、やっぱり、体は大きいほうがいい。1年間を通じて戦っていくペナントレースだと、どうしても「体が大きい」「体力がある」「体幹がしっかりしている」「体のバランスがいい」「バネがある」というのは重要なポイントになります。食事や筋トレで多少は大きくすることができるけど、もともと大きいに越したことはないですからね。

――体が小さい選手はその時点で候補から外れてしまうのですか?

八重樫 体が小さい選手の場合はスピードが求められます。「足が速い」とか、「俊敏だ」ということになればドラフト候補にはなりますね。

――体格は一目瞭然ですが、「体幹が強い」「バランスがいい」というのは、どういう点から判断するのですか?

八重樫 本来ならば、キャッチボールを見るだけでも十分判断できるものなんですよ。でも、普段から常に真面目に、真剣にキャッチボールに取り組んでいる選手は少ないから、それだけで判断することは難しい。だから練習で判断するとすれば、シートノックかな? 打球への足の運び、捕ってからのスローイングを見ていると、その選手の体幹の強さや体のバランスがある程度は判断できるんです。

【打者、投手、それぞれのチェックポイントは?】

――技術面でのチェックポイントは?

八重樫 バッターなら、「バットの振り」と「飛ばす力」かな。スイングスピードはやっぱり気になりますね。あとは「手首の強さ、柔らかさ」。これは天性のもので、あとから矯正できるものではありません。手首が柔らかくて強いバッターは、理想的なスイングを身につけやすくなるからね。 ――技術的な欠点などは、この時点ではある程度は目をつぶって、潜在能力を評価するのですか?

八重樫 それはケースバイケースかな。スイングを見た時に「あっ、これは直せるな」「これは直せないな」「これはいじってはいけないな」というのは、本当に千差万別。最初はスカウトの判断だけど、獲得後には監督、コーチたちともミーティングを重ねて、「このままでいこう」とか「ここは矯正しよう」と決めていくから。

1/3ページ

最終更新:4/22(水) 22:09
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事