ここから本文です

「大失恋した彼を、見返したい」あざと可愛い26歳女の告白

3/27(金) 5:20配信

東京カレンダー

東カレ厳選の麗しの美女を紹介する『金曜美女劇場』。

本連載では、東京の夜のシーンに似合う艶やかな大人の女性たちを紹介していく。

クシャッとした笑顔が親しみやすい彼女の名は、浦郷絵梨佳さん26歳。

その愛くるしい仕草にスタッフ一同が魅了される。

しかし、用心が必要かもしれない。

絵梨佳さんは昨年、人気番組『ロンドンハーツ』で男性相手にハニートラップを仕掛ける企画の中で「可愛すぎるトラップガール」として話題を集めたからだ。

こんな女性にドッキリを仕掛けられるのも悪くない…と思いつつ、警戒しながら取材を進めるうちに真面目で真摯な「素の彼女」の姿が見えてきた。

最初に、芸能界を目指したきっかけを聞いてみる。

「物心ついた時から、ずっと女優さんになりたくて。周りの子が『いつか花嫁さんになる』と言っている頃から、私の感覚はそうじゃなくて『いつか女優さんになる』だったんです。でも、高校を卒業するまでは学業を優先すると母と約束していて」

虎視眈々と芸能界入りを狙う彼女が最初に飛びついたのは、人気女優・武井咲の妹分を発掘するという2011年に行われたオーディションだった。

福岡に住んでいた彼女は順調に勝ち進み、九州代表選考まで残るが落選。

その悔しさをバネに、福岡女学院大学に進学後、人気女性誌の読者モデルやサロンモデルとして活動の幅を広げていく。

その間、ミスキャンパスでグランプリを獲得するなど着々とキャリアを積むが、当時は芸能界に入るか就職するかの選択で心は揺れ動いていたそうだ。

そんな時、ひとつの転機が訪れる。

“本物の女優”になりたければ、変わりなさい

「大学4年の夏に東京でモデルのお仕事をした帰りに、オスカープロモーションに遊びに行ったら、その時に対応してくださったマネージャーさんにハッキリ指摘されたんです。『あなた素材は良いのに、自分がそれをダメにしていることに気付いてる?』って」

当時の彼女は、自分を可愛く見せるために外見を作り込みすぎていた。カラコンを着けたり、涙袋を作ったりと凝ったメイクをしていたそう。

マネージャーが彼女に伝えたかったのは、本物の女優になりたければ“小手先の美”に頼りすぎず、内面の美しさを育むべきだという愛のムチだった。

その言葉に、彼女はハッとしたという。

1/3ページ

最終更新:3/27(金) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事