ここから本文です

『いだてん』最後から2番目の聖火ランナーモデルが明かす真実

3/28(土) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 1964年東京五輪の聖火リレーには10万人もの走者が参加した(2020年は約1万人)。最終走者が、広島に原爆が落とされた1945年8月6日生まれの故・坂井義則氏であることはよく知られている。その坂井氏に聖火のトーチを渡した最後から2人目の走者は、中学3年生だった井街(旧姓・鈴木)久美江さんだった。

【写真】最終日のランナー・井街(旧姓・鈴木)久美江さんと当時のユニフォーム

 また、その20日前、岡山市で聖火リレーを走った松山正春さんは、2020年東京五輪でもグループランナーとして聖火リレーに加わる。井街さんと松山さんに、56年前の聖火リレーの思い出を聞いた。

◆井街(旧姓・鈴木)久美江さん

【走った区間:10月10日 東京都渋谷区 明治神宮外苑~国立競技場区間

 最終日のランナーに選ばれた時は本当にびっくりしました。中学3年でしたし、出番が最終ランナーの坂井義則さんの直前だったこともあって、マスコミの取材攻勢がすごかった。

「成績優秀」「文武両道」など、好き勝手に書かれて(笑い)。でも学校では友人たちも変わらずに接してくれました。後年、同級生に「お鈴は私たちの誇りだ」と言ってもらえ、すごく嬉しかったです。

 大河ドラマ『いだてん』の最終回で、私が坂井さんに「がんばって!」と伝える場面が描かれましたが、実際には「坂井さん、大丈夫ですか?」と声をかけました。「階段には気をつけるよ」と言って走り出した坂井さんのフォームが、とにかく綺麗だったことが印象に残っています。

●いまち・くみえ/1949年生まれ、千葉県出身。桐朋女子中3年時、開会日の走者に抜擢。1971年に走高跳で1m73cmの日本記録(当時)を樹立。写真左が本人、向かい側が坂井義則さん。

◆松山正春さん

【走った区間:9月21日 岡山県岡山市 清輝橋~岡山中央郵便局区間】

 前回の東京五輪の時は岡山大学の医学生で、陸上部に所属していました。競技にばかり打ち込んでいたので、肝心の医学部での勉強はサークル活動みたいなもの(笑い)。専門は400メートルハードルで、ベストタイムは58.2秒でした。為末大さんと約10秒差ですから、当時としては悪くない記録だったと思います。

 純真な学生でしたから、聖火ランナーを任されたのは素直に嬉しかったです。家族もとても喜んでくれました。トーチの代わりに、野球のバットを持って走る練習をしたのを覚えています。

 当日は沿道の大観衆にとにかく驚きました。引き継ぎ地点では人ごみの中を縫うような状態で(笑い)。愛する岡山で大会の一翼を担えたことが誇らしかったです。

●まつやま・まさはる/1944年生まれ、岡山県出身。現・岡山県医師会会長。2020年の東京五輪では、グループランナーに選ばれる。

※週刊ポスト2020年4月3日号

最終更新:3/28(土) 16:39
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事