ここから本文です

春だからきれいな色に染まりたい! 成田凌×最旬「ブルー」コーデ4選

3/28(土) 22:03配信

MEN’S NON-NO WEB

季節の変わり目、特に春の始まりにはきれい色のアイテムが着たくなる。さまざまなトーンのブルーを個性豊かに成田凌が着こなす。

パイソン柄のグラフィックに 「予想外」のライトブルー

今季はパワフルなボトムを主役にした着こなしが気になる。総柄パイソンのパンツにグレーがかった明るいブルー。ダークネイビーの上半身とも意外とバランスがいい。
ジャケット(ギャルリー ヴィー)¥43000/スーパー エー マーケット 新宿 シャツ¥23000・Tシャツ¥9500(ともにシュタイン)/スタジオ ファブワーク パンツ(ニードルズ)¥28000/ネペンテス サングラス¥38000/アヤメ 靴(ドクターマーチン×ビューティ&ユース)¥23000/ビューティ&ユース 渋谷公園通り店

今季のオーラリーの淡いトーンを「楽しく」着くずす

繊細なペールトーンのブロック使いが印象的なステンカラーコート。これをムードたっぷりに優しく着るよりは、玉虫色の光沢があやしいシャツや、とぼけた色のデニムやソックス、毒々しい小物で遊んじゃおう。
コート¥120000/オーラリー シャツ¥24000/ネオンサイン Tシャツ¥5500/417 エディフィス 渋谷 パンツ¥22000・帽子¥9000/シーイー サンダル(スイコック パープルレーベル)¥21000/ネペンテス ソックス/スタイリスト私物

リッチな感じがするロイヤルブルーは「いつもの」アイテムで

ロイヤルブルーは名前のとおり、なんだか特別感のある感じ。光沢素材や、発色のよいハリ感ある生地だと、印象が強すぎるかも。ヘビーオンスのコットンパーカや、ちょっとゴワッとしてる肉厚な生地のシャツブルゾンとパンツのセットアップなど、日常的にガシガシ着るようなラフな風合いのもののほうが、なじみがいい。
ブルゾン¥36000・パンツ¥33000/ネーム パーカ¥32000/アクネ ストゥディオズ アオヤマ

ターコイズブルーを「いちばん濃い色」に着てみよう

さわやかで気持ちのいいターコイズブルー。コーデュラナイロンを使用したベストと、ロンTをレイヤード。合わせは白とライトグレーと、シアサッカーのワイドパンツくらい、とことんライトでクリーンに。
ベスト¥35000/エイチ ビューティ&ユース Tシャツ(N.ハリウッド)¥18000/ミスターハリウッド シャツ¥28000/オーラリー パンツ(イズネス)¥25000/アルファ PR 靴(ホカ オネオネ)¥15000/ビューティ&ユース 渋谷公園通り店

Photos:Kenta Goto[W]
Hair&Make-up:NOBUKIYO
Stylist:Shun Katakai[tsuji management]
Model:Ryo Narita[MEN’S NON-NO model]

最終更新:3/28(土) 22:03
MEN’S NON-NO WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事