ここから本文です

イライラしてしまう人へ。SNS、人間関係…思いきって「やめていい」こと

3/28(土) 21:10配信

ESSE-online

新型コロナウイルスの連日の報道や、終わりが見えない生活の不安などもあり、どうにも気持ちが晴れない…なんて人も多いかもしれません。

ゲッターズ飯田さんが伝授!驚くほど人間関係がよくなる習慣4選

そんなとき、今までの「考え方や行動」をやめてみることもひとつの手段です。インスタグラムで心に響く、救われる言葉を発信しているたぐちひさとさんに「なにをやめたらいいのか」を教えてもらいました。

もうやめよう。うまくいかない自分を変える魔法の言葉

●やる気を出すのをやめる

「やる気を出そうとしなくても
やる気になることを見つけること
何のためにするのか
誰のために頑張るのか
いつまでに成し遂げたいのか
わからないとやる気になれない」(『もうやめよう~もっと自分を好きになるために~』(扶桑社刊・以下同)P74より引用)

めまぐるしく飛び交う情報や同調圧力に疲れてしまうこともありますよね。だれかに合わせて無理にやる気を出そうとするよりも、一人になってみることも大切。心の声に耳を傾けると、しなくてもいいことがたくさん見つかるかもしれません。

肩の力を抜いて、ゆったりとした気持ちでいることで、またがんばろうと思えたら、それが本当にあなたにとって大切なことかもしれません。

●ダイエットをやめる

「やせることがすべてではない
心と体が健康であってこそ
人は美しくなる」(P76より引用)

スタイルのいい人を見ると、ついうらやましくなってしまいます。自分もあんな風になれたら…と卑屈になることも。でも、いちばん大事なのは自分が幸せかどうかということ。だれかと比べる必要はありません。

なにをしているとき、だれといるときに心が満たされるか。心が健康な人ほど、美しい印象を放つものかもしれません。美しくなる方法はダイエットだけではありません。まずは幸せと思えるかどうかを大切にしたほうがよさそうです。

●SNSをやめる

「知らなくていいことはたくさんある
フォローしなければいい
見なければいい
簡単につながるけれど
簡単に切ることはできて
本当の絆はSNSでは生まれない」(P80より引用)

無意識についついスマホを見てSNSをのぞくことがクセになっていませんか? うらやましいとか悲しいとか、一つの投稿でいろんな感情が芽生えてしまうはず。

SNSの世界がすべてではありません。こだわりすぎず、少し距離を置いてみることも大切です。本当に自分が好きと思える人がそばにいるだけで、幸せだと気づくかもしれません。
人と人とのリアルなやりとりのなかでしか学べないこともたくさんあるはず。

1/2ページ

最終更新:3/28(土) 21:10
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事