ここから本文です

ファーウェイの売上急落で鮮明化「スマホ業界の地殻変動」

3/28(土) 6:00配信

Forbes JAPAN

中国のファーウェイは昨年末、米国による禁輸措置が業績に悪影響を及ぼすと予想したが、ここに来て、同社が置かれた状況はさらに厳しさを増している。新型コロナウイルスの感染拡大は海外での売上を大きく下落させ、国内ではシャオミなどの競合に追い上げられている。

市場調査会社Strategy Analyticsの3月20日のレポートによると、2020年2月の世界スマートフォン出荷台数は前年同期の9900万台から38%減の6180万台となり、過去最大の下げ幅を記録した。背景には感染拡大による打撃が、製造と消費の双方に及んだことがあげられる。

しかし、メーカー別の出荷台数を見ると、ファーウェイが特に深刻な打撃を受けたことが分かる。ファーウェイの出荷台数は1月から2月にかけて、1220万台から550万台に急落した。競合メーカーも台数を減らしているが、同期間のアップル(1600万台から1020万台)やサムスン(2010万台から1820万台)に比較すると、ファーウェイの落ち込み方は他社を大きく上回る。

昨年10月に2220万台だったファーウェイの月間出荷台数は、数カ月で550万台まで落ち込んだのだ。つい数カ月前に、ファーウェイはサムスンから世界トップの座を奪うことを視野に入れていた。しかし、2月のファーウェイの出荷台数はサムスンの30%程度のボリュームにまで低下しているのが現実だ。

Strategy Analyticsの直近のレポートで、2020年2月の世界のスマホメーカーの出荷台数ランキングは次のようになっている(カッコ内は月間の出荷台数)。

1位:サムスン(1820万台)
2位:アップル(1020万台)
3位:シャオミ(600万台)
4位:ファーウェイ(550万台)
5位:OPPO(400万台)
6位:VIVO(360万台)

ファーウェイをここまで追い込んだのは、ドナルド・トランプではなく、アップルやサムスンでもない。シャオミやOPPOなどの国内メーカーの猛追だ。Strategy Analyticsの集計によると、シャオミの2月の出荷台数は600万台を記録し、初めて世界3位に浮上し、ファーウェイを4位に押しやった。

1/2ページ

最終更新:3/28(土) 6:00
Forbes JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事