ここから本文です

米軍基地にも事故物件はある! 大島てるが教える「米兵が殺されたマンション」の新たな入居者

3/28(土) 17:00配信

文春オンライン

「息子をアイスピックで何十回も刺した女は……」大島てるが語る“1階から住人が転落死した”事故物件 から続く

【画像】この記事の写真をすべて見る(5枚)

 自然豊かな“南の島”として人気の高い沖縄には、もう一つ大きな特徴があります。それは広大な米軍基地がある、という点です。

 ここまで、沖縄に存在する“特殊な事故物件”についてお話ししてきましたが、今回はさらに沖縄独自のもの――すなわち、米軍基地にまつわる事故物件をご紹介しましょう。(全2回の2回目/ 前編から続く )

刃物で首を切られ、殺された30代の男

 これまでの連載で私が紹介してきた物件は、被害者や加害者といった違いはあれ、多かれ少なかれ日本人が“事件の当事者”になっている事故物件でした。しかし、次に紹介する物件は、登場人物が全員外国人です。

 場所は本島中部、観光地としても有名な地区にある4階建てのマンション。歩いて数分のところに米軍基地がある物件です。10年ほど前、そのマンションの一室で刺殺体が発見されました。刃物で首を切られていたのは30代の男性。その部屋に住む米兵(空軍所属)でした。

 米軍基地に勤めるアメリカ人の中には、彼のように基地の外にマンションやアパートを借りて、生活する人も少なくありません。米軍関係者が全員、基地の中に住んでいるわけではないのです。

米軍の憲兵が遺体を発見

 さて、その男性の遺体を発見したのは、米軍の憲兵でした。一般に軍警察とも呼ばれる職種で、軍内の秩序を保つことを仕事とする人々です。時間になっても出勤してこない男性を不審に思い、憲兵が様子を見に行ったところ遺体を発見した――といった経緯でしょうか。

10日ほど経って、殺人容疑で逮捕されたのは……

 では、その米兵を殺した犯人は誰なのか。遺体発見から10日ほど経った日に、殺人容疑で逮捕されたのは男性の妻でした。彼女は夫と同じ米空軍に勤める20代の男と共謀して、男性を殺害したのです。その状況からは不倫関係が連想されますが、このように犯人も被害者も米軍関係者という事件は、沖縄では時々発生しています。

 殺人事件から少し経った頃、私は実際にそのマンションに行ってみました。すると、その部屋には既に、別の米兵が住んでいました。その人は殺人事件のことを知った上で入居しているのか、それとも知らずに住んでいるのかはわかりませんでしたが……。

1/2ページ

最終更新:3/28(土) 17:00
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事