ここから本文です

俊足巧打のドラフト2位・ルーキーの宇草孔基が目指す選手は鈴木誠也

3/28(土) 12:00配信

広島アスリートマガジン

森下暢仁と共に即戦力としての期待がかかる宇草孔基が、春季キャンプから猛アピールを続けている。足を活かした内野安打を見せたかと思えば、ノンステップ打法で長打を量産。

【写真】ケガをせずに思い切りの良さ出していきたいと臨んだ春季キャンプでの宇草選手

─プロを意識し始めたのは、いつ頃からでしょうか?
 「高校のときに日本代表に選出されて、そこで悔しい思いをしたので、見返してやるじゃないですけど、大学1年のときから絶対プロに入るという気持ちで取り組んでいました。ただレギュラーも取れなかったですし、現実味はなかったですね」

─3年の秋から結果も出るようになりました。意識の変化もあったのではないでしょうか?
 「3年の秋に結果が出てからは本気でプロを目指すと腹を括って、徹底的にやり抜きました」

─そして実際にドラフトの日を迎えることになりました。緊張しましたか?
 「緊張はしませんでした。むしろ、寂しいという感情が湧いてきましたね。というのも、ドラフトを境にプロ野球を目指していた日々が一度終わるわけじゃないですか。『あ、この生活が終わってしまうんだ……』と考えたらすごく寂しくなってきましたね。本当に充実した毎日を過ごしていたので声がかかる、かからないというよりも『プロ野球を目指していた日々が終わる』ということを考えていました」

─カープというチームについて、どういうイメージを持っていましたか?
 「熱いというイメージです。あとは、しっかり練習をする、足を使った攻撃をするというイメージがありました」

─プロではどんな選手を目指していますか?
 「鈴木誠也選手です。カープの中心選手ですし、走攻守三拍子がそろっていて本当にスケールが大きい選手だと思います。合同自主トレのときに初めて生で見たんですけどカッコいいっす、マジで。超ワクワクしました」

─では今年の目標設定についても聞かせてもらえますか。
 「ケガをしないことです。まだ実際にプロで野球をやっていないので数字のイメージは、まったくつかないです。もちろん誰しもが3割を打ちたいと思いますし、ホームランを打ちたいはずです。ですが、その3割を打つためにはケガをしないことが重要になるので、まずはそこですね。そこに集中しないと絶対に数字も付いてこないと思うので、やるべきことに集中するというのが目標です」

最終更新:3/30(月) 10:24
広島アスリートマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事