ここから本文です

“外出自粛”で株価上昇が期待できる「家ナカサービス」の注目株を紹介! ネット教育関連のチエル(3933)、電子マンガのビーグリー(3981)は増収増益で業績好調

3/28(土) 21:05配信

ダイヤモンド・ザイ

 “外出自粛”で業績&株価が上がる「家ナカサービス」関連の2銘柄を紹介! 「コロナ・ショック」で世界中の株価が急落する一方、新型コロナウイルスによる“外出自粛”や“巣ごもり消費”で注目度が上がりそうな銘柄はコレ! 

【詳細画像または表】

 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載!  新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の株式市場が大パニックに陥っている。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて相場のプロ68人に聞いている。

 今回は特集の中から、新型コロナウイルスが猛威を振るう今だからこそ、アナリストなどの相場のプロが値上がりに期待する「家ナカサービス」の注目株を紹介! 


電子マンガ「まんが王国」を運営するビーグリーに注目! 
 たとえば、“

 注目されそうだ。

 ダイヤモンド・ザイでは、こうした流れを受けて、家の中で遊べるサービスやネット教育、テレワークといった「家ナカサービス」の有望株を8銘柄取り上げている。ここではその中の2銘柄を抜粋して紹介しよう()。

 まずは、「ネット教育」のサービスを手掛けるチエル(3933)だ。

 チエル

●コロナ・ショックが相場に与える影響や、注目の銘柄を紹介! 
ダイヤモンド・ザイ5月号をチェック! 
 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ5月号から「【緊急大特集】どうなる日本株」を一部抜粋した。特集では、家ナカサービス銘柄のほかにも「新型コロナ克服銘柄」「ノーダメージで成長銘柄」など、「コロナ・ショック」に負けないアナリスト注目の銘柄を多数紹介しているので、誌面も併せてチェックしてほしい。

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ5月号は、恒例特集の「【2020年春】株500+Jリート14・激辛診断」「今こそ買える!  米国株100銘柄」「いつでもできる手のひら投資 スマホで投信! 」「インフラファンドは今が買い? 」「自転車保険が全国で義務化へ」「『プログラミング教育』が始まる背景と狙いとは? 」など、お得な情報が盛りだくさん! 

 また、別冊付録は、こちらも恒例の「全上場3761銘柄の【理論株価】」!  株の割安度をズバリ判定できるのが理論株価のメリットだが、この別冊付録では、全上場銘柄の理論株価を網羅。現在、株価の暴落によって割安株は増加しているが、割安度合いを測る際に、理論株価を知っておくと役立つはずだ。

ザイ編集部

最終更新:3/28(土) 21:05
ダイヤモンド・ザイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事