ここから本文です

三好康児、川崎フロンターレからアントワープへ完全移籍発表。2023年まで契約

3/28(土) 19:04配信

フットボールチャンネル

 ベルギー1部のロイヤル・アントワープは28日、川崎フロンターレからの期限付き移籍で加入していたMF三好康児の買取オプションを行使し、同選手と2023年までの契約を交わしたことを公式SNSで発表した。

 今月26日で23歳となった三好は川崎Fの下部組織からトップチームに昇格し、2015年にプロデビュー。2018年には北海道コンサドーレ札幌、2019シーズンの前半には横浜F・マリノスへと期限付き移籍していた。

 昨年夏にはコパ・アメリカ2019で日本代表にもデビューし、ウルグアイ戦では2得点を挙げる活躍をみせた。その後、8月には期限付き移籍でアントワープに加入することになった。

 アントワープではこれまでリーグ戦14試合とカップ戦1試合に出場。先発での出場機会は多くないが、デビューを飾ったアンデルレヒト戦ではいきなりの決勝ゴールを挙げ、初先発に起用された昨季王者クラブ・ブルージュ戦でも2得点に絡むなど要所で印象的な活躍をみせていた。

 ベルギーメディアによれば、買取オプション行使によりアントワープが川崎Fに支払うべき金額として設定されていたのは120万ユーロ(約1億4500万円)。今後のさらなる活躍が期待される選手の獲得資金としては「格安」だとみなされている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:3/28(土) 19:04
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事