ここから本文です

最新「敏感肌コスメ」で、肌のゆらぎを乗り切ろう!

3/29(日) 19:11配信

25ansオンライン

花粉やPM2.5、強さを増す紫外線に気温の寒暖差…。春の環境の変化により、現在、肌のゆらぎシーズン真っ只中。そこで、肌に優しい一方でハイスペックな機能や処方を携えた、敏感肌用の最新コスメをピックアップ。頼もしい味方をパートナーに、生きいきとした素肌を手に入れて。

【ディセンシア】サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート EX

高い効果実感を誇る敏感肌ケアのパイオニア、「ディセンシア」が発表したのは、“敏感肌は美白が効きにくい”という説を覆すセラム。新たに処方されたワイルドタイムエキスは、シミ部分に起きている角層のコリを柔軟化し、有効成分を的確に届けるというもの。さらにクレンズビタミンCが、メラニンを含んだ角層もリリース。敏感肌特有の3つのくすみをケアする成分も併せて配合しているので、使うほどに冴えわたる透明感が叶う。

【アベンヌ】アーバンプロテクション UV フェイス&ボディ

日仏共同で開発した顔&ボディ用の日焼け止めがお目見え。肌の土台を整える“アベンヌ温泉水”をベースに、肌と親和性の高い3種のエモリエント成分を配合。肌への摩擦を防ぎながら優しくなじむので、肌に薄い保護膜を張ることが可能になった。また、ムラなく広がる柔らかなテクスチャーだから、化粧下地としても最適。日本人好みの高いSPF値でありながら、石けんでオフできる処方設計も、敏感肌に悩む人にとっては大きな魅力だ。

【オルビス】オルビス オフクリーム

普段、何気なく行っているクレンジングを、肌と心をほぐす時間に変えるべく開発されたのがこちらの“オフクリーム”。細胞間脂質にはなじまず、メイクや汚染物質などの汚れのみを見極めるセレクトクレンジング成分を処方。テクスチャーも秀逸で、コク・厚み・とろみの3つのバランスを計算することで肌にかかる摩擦や負担をより軽減することに成功。潤い環境がしっかり整うことで、洗顔後の肌も柔らかな肌を実感できるはず。

【アンブリオリス】アンブリオリス イドラセラム/同 イドラクリーム ライト

1950年にパリの皮膚科医の処方から生まれ、数々の名品を生み出している「アンブリオリス」から天然成分由来95%のセラム&クリームが誕生。特筆すべきは、高保湿でありながら、べたつきのない軽いつけ心地であるということ。低分子型/高分子の2種のヒアルロン酸Naが、角質層のすみずみまで潤いを与え、バリアを形成し、水分の蒸発をブロック。乾燥や気温の変化などの外的要因にゆるがない、なめらかな肌へと導く。

Nathalie Lima KONISHI

最終更新:3/29(日) 19:11
25ansオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事