ここから本文です

“そたりこ”のバレンタイン事件も 『月とオオカミちゃんには騙されない』最終回前に振り返る“後半ハイライト”

3/29(日) 12:13配信

リアルサウンド

 最終回を目前に控え、ますます波乱の展開を見せる『月とオオカミちゃんには騙されない』。中間告白を経て、脱落者発表を終えたメンバーは、混乱の渦中にいた。新たな恋の出発や波乱の三角関係など、デートのたびに大きく揺れ動く恋模様からは目が離せない。今回は、後半戦である第7話から第11話まで、それぞれの中で特に盛り上がりを見せた部分をピックアップして紹介したい。

【オフショット&場面写真】ラブラブな“そたりこ”ほか

第7話「ナナ×とおる×あずさの叶う恋と散ってゆく恋」

 脱落者発表の直前、とおる(堀江亨)とナナ(加藤ナナ)の気持ちは最高潮に盛り上がっていた。第7話では『SDGs 推進 TGC しずおか 2020 by TOKYO GIRLS COLLECTION』のステージを見学するために、あずさ(大原梓)ととおるが会場を訪れる。ステージを見学したあと、とおるとあずさは並んで夜道を歩いていた。そこであずさが「(ナナととおるを)応援したいって気持ちもあるけど、正直今はまだ諦められていないところもあって」と中間告白の後から引きずっていた本音をとおるに告白。しかし、とおるは「正直、今気になっているのはナナで、オオカミだとしても、俺はナナにいこうかなと思ってる」とナナのことで頭がいっぱいの様子だった。この答えを聞いて、あずさは「応援する」ととおるの背中を押す。涙を浮かべて話すあずさの姿には、胸が痛んだ。

第8話「みんなが見守る中、ナナの前に赤い花火が上がる」

 脱落者発表の日、女子メンバーは涙ながらに花火を待つ。残すはヒナ(Hina)とナナ。 視聴者による“オオカミちゃん投票”で票数の多かった二人だ。ヒナの番、そっと白い花火が打ち上がる。その瞬間、脱落者はナナに確定した。メンバーから次々に嗚咽が漏れる一方で、とおるとナナは放心状態。みんながナナを囲み別れを惜しむ中、ナナは目に涙を溜めながらも「泣かないで」とメンバーを慰め、気丈に振る舞う。そんなナナを強く抱きしめるとおる。すると、ナナはとおるの胸に顔を埋め、「落ちたくない……」と声を震わせるのだった。両想いのナナととおるに訪れた試練に、『オオカミ』シリーズの残酷さを思い知る。

1/2ページ

最終更新:3/29(日) 12:13
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事