ここから本文です

内定承諾する前に ブラック企業を察知する5つのコツ

3/29(日) 21:00配信

Forbes JAPAN

その会社が自分に合っているどうかは、実際に働き始めるまでは分からないと思う人もいるかもしれない。しかし実は、そうではない。内定を承諾する前でも、その会社が悪夢のような場所かどうか見極めることはできる。キャリアをばくちのように進める必要はないのだ。

企業の文化が有害なものかどうかを内定承諾前に確認する方法はいくつかある。必要なのは、きちんと注意を払うことだ。ここでは、入社初日を迎える前に職場が不快なものかどうかを確認する5つの方法を紹介する。

1. 行間を読む

興味がある仕事の職務内容を見て「これならできる!」と思い、すぐにその仕事に応募、面接を受けたところ、その仕事や会社について一から学び直すことになった──。これが自分に当てはまる人は、今日からそれを変える必要がある。

仕事に応募する前に、行間を読んで、自分が次に求めているものとその職務や企業が合致することを確かめなければならない。職務記述書の分析やウェブサイトの吟味を行い、自分でもリサーチをして、会社が何を求めているのかやどのような人材を採用しているのかをより深く理解しよう。その間、「この会社は自分の価値観やキャリア目標に合致しているか」と常に自問すること。

2. 適切な質問をする

面接は、ただ相手を喜ばせて自分の価値を証明する場ではない。自分がその職に適任だということを自信を持って示しつつ、面接官を優雅に「面接」することを目標とすべきだ。そのための一番の方法は、誘導質問を避けることだ。

誘導質問は、自分が求めている答えをにおわせるような質問だ。自分が次の仕事に求めているものを示唆する誘導質問を行えば、面接官は、たとえそれが完全には真実でなくても、あなたを喜ばせるような答えをしたいと思うかもしれない。

「従業員が午後5時に退社する頻度はどれくらいですか?」と聞きたくなるかもしれないが、それよりも「この職場ではワークライフバランスが重視されていますか? その場合は、どのように重視されているか、具体例を教えていただけますか?」と尋ねる方が、より正直な答えが得られる可能性が高い。

2つ目の質問では面接官が自由に回答することができ、あなたはその企業文化が自分の希望に合っているかどうかを決めるのに必要な情報を手に入れられる。

1/2ページ

最終更新:3/29(日) 21:00
Forbes JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事