ここから本文です

目黒川沿いで24年続く鉄板の和食店を改めて紐解いてみた!

3/29(日) 5:20配信

東京カレンダー

春に桜咲き誇る目黒川沿いに佇んでいる。

シックな空間と、気軽に楽しめる料理の数々で、オープンから24年経った今も、多くの人を魅了し続けている。

クールなコンクリートの質感に薄暗い照明が大人の時間を演出する『KAN』@池尻

一言で表すなら〝大人のための食空間〞だ。ここに集まる大人は都会の喧騒から少し離れた、洗練された空間を好む人々だ。

コンクリートで囲われた空間に灯る照明はほの暗く、シンプルで潔い内装も相まっていかにもシックな雰囲気。

しかし席は調理するスタッフとのやり取りも楽しい、一枚板とコの字のカウンターのみ。そんな静謐で陽気な同店でいただけるのは、旬材を生かした和食の数々だ。

しかし、例えばメンチにフキノトウを組み合わせたり、白子を麻婆小鍋にしたりと、純和風だけでなく、意外な料理にも出合える。

その程よい抜け具合と美味しさが、肩肘張らない雰囲気も演出している。日替わりメニューも多く、いつ訪れても新しい喜びがあるのもいい。

前菜のわっぱ盛り¥1,200。全て日替わりで、この日は富山産白海老の唐揚げ、自家製からすみ、京鴨の自家製ハムなど5種がのる。これだけで酒が進む味わいだ。

今話題の日本酒「光栄菊」を置くなど、お酒も充実している。

そんな間違いのない店だからこそシーンを選ばず幅広く使うことができる。

誰を連れていっても必ず喜んでもらえるので、知っておけば間違いない一店だ。

東京カレンダー株式会社

最終更新:3/29(日) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事