ここから本文です

小分け菓子を手土産に!送別会シーズンに知ってると役立つ「映える」スイーツ6選

3/29(日) 5:20配信

東京カレンダー

春は別れの季節。大切な人生の節目の場面だけに、これまでお世話になった方々にはきちんとご挨拶をしたいもの。

そこで今週の「手土産」連載は、「相手が喜ぶ!映えるひと口スイーツ」をご紹介しよう。

外国のお菓子風パッケージに一目惚れ。瀬戸内海レモン香るケーキ

『パティスリー1904 ディズヌフソンキャトル』しまなみレモンケーキ 8個入り 2,170円(税込)、4個入り 1,020円(税込)、12個入り 2,960円(税込)。

外国のお菓子のようなイエローの包みが目を引くのは、『パティスリー1904 ディズヌフソンキャトル』のしまなみレモンケーキ。箱を開けた瞬間からレモンケーキの爽やかな香りに包まれ、視覚だけでなく嗅覚からも美味しそうな気配がムンムンだ。

昔懐かしい印象のキャンディ包みを解いて、袋を開くと香りは一段と増す。ぽってりとレモンチョコレートがのる様がなんともかわいいフォルム。

食べてみるとレモンの存在感がかなりしっかりある。しっとりふわふわのケーキが軽い食感で、甘みと酸味のバランスが絶妙だ。

商品名にもなっている「しまなみレモン」は、シェフが国産レモンを探し求めてたどり着いた愛媛県岩城島のもの。瀬戸内海の太陽をたっぷり浴びたしまなみレモンは、香りも風味も一級品だ。

『パティスリー1904 ディズヌフソンキャトル』は「アルチザン(職人)とインダストリアル(工業生産)の融合」がコンセプト。

職人の経験や感覚と、機械の合理化された機能美とを掛け合わせた菓子作りが魅力。看板商品のガレットオランジェも手土産に人気だ。

『パティスリー1904 ディズヌフソンキャトル』『Roule by 1904』で購入可。
オンラインショップ:http://www.patisserie1904.com/shop/item.php?i=013

食べられるお花?!アクセサリーのような、美しすぎるババロア

『花のババロアhavaro』ペタル(8個入り)1,800円(税抜)。

「え!これ、食べちゃっていいの…?!」と思わず確認したくなる、リアルなお花を使ったカラフルなババロア。2.5cm角のキューブ型のババロアがまるで宝石のように美しい。

色とりどりの“エディブル(食べられる)フラワー”がレモンゼリーで包まれる。

カラフルなババロアの層は、バニラヨーグルト、フレーズ、オレンジ、ブルーベリーの4種のフレーバーだ。毎朝入荷される花を見て、パティシエが色味を組み合わせる。

1/4ページ

最終更新:3/29(日) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事