ここから本文です

球団OB解説者が推薦する2020の“推し”メン!

3/30(月) 11:13配信

週刊ベースボールONLINE

キャンプ、オープン戦をつぶさに見てきた解説者(OB)の目に、選手たちの仕上がり具合はどのように映っているのだろうか。“古巣”からゲキ推しの1人をピックアップしてもらった。
※年齢は2020年の満年齢

忖度なし?の解説者が占う!2020シーズン順位予想「セの本命は昨年Bクラスのあのチーム!?」

巨人OB・斎藤雅樹氏が推薦 戸郷翔征

【推しのワケ】「力のある真っすぐに加え変化球の精度も高い」

 まだ高卒2年目のピッチャーですけど、とにかく完成度の高さには目を見張るものがあります。スリークオーター気味のフォームから真っすぐも150キロ以上出ますし、変化球もフォーク、スライダーをしっかりとコースにコントロールできる技術を持っている。一軍で活躍できるか否かは、このあたりの制球力が大きなカギになるので、そういう意味では戸郷はすでに十分に一軍で結果を残せるだけのポテンシャルがあると思います。開幕からしっかりと先発ローテに定着できれば2ケタは勝ってくれるはず。その一方で課題を挙げるならやはり1年間戦えるだけの体力があるかでしょう。まだ19歳ですし、絶対にどこかでしんどいときが来ると思います、それでも巨人の次代を担える素材ですから、ケガだけには気をつけてやっていってもらいたい。僕の推しメンとして期待しています。

[2019年成績]2試合1勝0敗0S0H 防2.08
[斎藤氏からのノルマ]2ケタ勝利

中日OB・井端弘和氏が推薦 梅津晃大

【推しのワケ】「長身からキレあるボール新人年よりレベルアップ」

 ドラゴンズが上位に食い込むために、昨年68勝(73敗2分、勝率.482=5位)から上乗せができる投手は誰か。真っ先に思い浮かぶのが梅津晃大です。新人年だった昨年は故障で出遅れましたが、夏場のデビューから4勝は見事でした。190センチに迫る長身から投げ下ろすストレートは角度があり、この真っすぐもスライダーもキレがあって打者目線から見ても厄介。この春のキャンプも見ましたが、昨年よりもレベルが格段に上がっていると感じました。そのキャンプ終盤にヒジに違和感を覚えてしばらく実戦から遠ざかっていたようですが、二軍戦では復帰していますし、開幕が延期となったことをプラスに変えてくれるでしょう。順当にシーズンを投げ抜けば2ケタ勝利は確実。ここからどれだけ勝ち星と貯金を伸ばせるか。あらためて中日の命運を握る選手ではないでしょうか。

[2019年成績]6試合4勝1敗0S0H 防2.34
[井端氏からのノルマ]2ケタ勝利+α

1/2ページ

最終更新:3/30(月) 11:29
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事