ここから本文です

阪神・大山のオープン戦首位打者。05年の赤星と同じで“吉兆”か【岡田彰布のそらそうよ】

3/30(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

阪神打線がオープン戦好調も、監督は起用法に困るよ

打率.378でオープン戦首位打者になった阪神・大山。阪神の選手が過去首位打者になったのは2005年の赤星やった。その05年は優勝よ。これはいい流れになっているのではないかな/写真=BBM

 体を動かすことが少なくなった。健康のために、とゴルフだけは続けている。寒さは薄れ、これからがゴルフ日和……というのがこれまでだったが、今年は様相が違う。

 ゴルフ場は、コンペのキャンセルが相次いでいるとか。新型コロナウイルス・ショックがこんなところにも出ている。コンペ以外のお客さんは、それほど減っていないとのことだが、青空の下、ノビノビとプレーできないのも、つらい話だ。

 プロ野球の開幕は延期され、4月開幕を目指すも、まだ正式日時は決まらない。果たして4月中での開幕は可能なのか。それも微妙な状況となってきている。プロ野球だけではない。2020東京オリンピックの開催が大ピンチを迎え、海の向こうの、メジャー・リーグは開幕が7月(?)に……といった話が持ち上がっているらしい。

 一体、どうなるのか。気分は最低、ドンヨリとしている。



 それでも前を向いて、進まなければならない。プロ野球はオープン戦を終了。本来なら3.20開幕で、今週号では開幕特集が組まれていたはず。それが白紙となり、これからは無観客の練習試合に入る。開幕日が決まらぬ中での調整っていうのは、ホンマ、難しいと思うな。しかし、このイレギュラーな状況に対応できたチームが、開幕から主導権を握ることになるだろうし、それぞれの適応力が試されることになる。

 オープン戦が終了して、気になった点がある。1つ目は・・・ 本文:2,287文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:3/30(月) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る