ここから本文です

度肝を抜くドリブル&ロケット弾。 フッキのプレーはまさに超人だった

3/30(月) 17:10配信

webスポルティーバ

最も印象に残っているJリーグ助っ人外国人選手(7)フッキ(川崎フロンターレ,コンサドーレ札幌,東京ヴェルディ/FW)

【動画】久保建英の今季ラ・リーガでのプレー集

 カタカナ表記の「フッキ」の横には、アルファベットで「HULK」と書いてある。

 ああ、『超人ハルク』をポルトガル語で読むと、そんな音になるのだろう。今から13年前のJ2で、当時20歳のブラジル人アタッカーが出場する東京ヴェルディの試合を取材した際、メンバー表を見てまずそう思った。前のシーズンにコンサドーレ札幌でブレイクし始めたとは聞いていたが、実際に観るのはそれが初めてだった。そして数十分後には、度肝を抜かれることに。

 アメコミの『超人』よろしく、筋骨隆々とした肉体を持ち、肌、ではなく、シャツの色も緑。パワーはもとより、スピードも常人離れしており、芝を切り刻んで巻き上げていくような迫力満点のドリブルが始まると、止められる者はほとんどいなかった。

 開始地点が低い時は、強引な選択や持ちすぎに見えることもあったが、多くの場合、そのまま敵陣深くまで進入した。また左足からの強烈なキックはFKやミドルシュートで威力を発揮し、J2の舞台ではなかなか見られない凄まじい一撃で、2007年ザスパ草津との開幕戦からゴールを奪った。

その試合の2ゴールを含め、開幕から5試合連続で計7得点を記録。最終的には37ゴールを挙げ、後続に11点差をつけてダントツのトップスコアラーとなり、東京ヴェルディのJ1昇格の立役者となった。

 本名は、ジバニウド・ビエイラ・デ・ソウザ。通り名の由来は、彼の父が実写版ドラマ『超人ハルク』をことのほか好きだったからだという。それにしても、ここまでぴったりな愛称になると想像しただろうか。ピッチ上のフッキはまさしく、超人そのものだった。

 でもひとたび芝生を離れると、謙虚で素朴なナイスガイだったと、書き手と懇意にする当時のチーム広報が教えてくれた。試合や練習では、パワフルな突破や豪快なシュートで相手を吹き飛ばすこともあったが、普段はチームメイトやスタッフといつも笑顔で接し、ファンとも喜んで触れ合ったという。

 こんなエピソードがある。

 J1昇格がかかった2007年シーズンのホーム最終戦に累積警告で出場できなかったフッキは、試合前にスーツ姿でゴール裏にやってきて、拡声器を使って応援歌を歌い出し、サポーターとともに最高のムードを演出──そしてチームは勝利と昇格を勝ち取った。

 鮮烈なパフォーマンスを続けたシーズンの終盤だっただけに、移籍の報告をされるのかと恐れていたヴェルディのファンは、これでさらにフッキを好きになったとか。

1/2ページ

最終更新:4/2(木) 13:32
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事