ここから本文です

【使ってみた】ソーダストリームが有能すぎて後悔する

3/31(火) 11:00配信

MonoMax Web

炭酸水はすっかりメジャーな飲み物になり、コンビニでも当たり前にいろいろな種類の炭酸水が売っています。毎日飲んでいる人も増えています。ところが、大量消費していると問題になるのが、空のペットボトル。硬くて分厚いので小さくたたんで捨てることもできず、500mlを1日平均2~3本消費すれば、すぐにゴミ箱がいっぱいになります。

そこで炭酸水メーカーです。以前からその存在は注目されていましたが、コストがかかるので購入をためらっている人も少なくありません。炭酸水のペットボルって安いですから。500mlで80円程度、1.5Lでも200円くらいで買えます。

でも最近ソーダストリームのCMをよく見るようになりました。これがあればペットボトルゴミ問題は解決しそうですし、改めてペットボトルと炭酸水メーカーのコスパを調べてみました。

コスパ比較してわかったお得さ

今回選択したのは、電動式の「ソーダストリーム スピリット ワンタッチ」で、本体上部のボタンを押すだけで3段階から好みの強さの炭酸水を作れます。このスターターキット(ガスシリンダーと1Lのボトル付き)が19000円(税抜)です。

ソーダストリームではガスを充填するのにシリンダーを使用します。これはスターターキットなどを買うと1本ついてくるもので、これ1本で約60L分の炭酸を作れます。ガスシリンダー内のガスがなくなったら、店頭で新しいものと交換します。その料金が約2000円(税抜)です。

ソーダストリームは、1Lあたり33.3円。1.5Lサイズで換算すると49.95円。
ペットボトルでは、1.5Lを約200円で買っているので、ペットボトルより全然安い!

ただし本体の購入が必要になりますので、その価格も計算します。「ソーダストリーム スピリット ワンタッチ」のスターターキット(ガスシリンダーと1Lのボトル付き)が19000円(税抜)です。

1.5Lが約50円の計算なので、ペットボトルより約150円が安くなります。19000円を150円で割ると126.6回。
1.5Lボトルを1日1本消費するなら、約4カ月で元が取れることになります。

これは買った方が確実に得だと言うことが判明しました。

1/3ページ

最終更新:3/31(火) 11:00
MonoMax Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事