ここから本文です

「循環経済」を日本に伝達、サーキュラーエコノミー研究家

3/31(火) 20:56配信

オルタナ

サーキュラーエコノミー研究家という肩書で活動する一人の若者がいる。オランダ・アムステルダム在住の安居昭博さん(31)だ。オランダに視察に来る日本企業の受け入れなどを行い、サーキュラーエコノミーを推進する。(オルタナS編集長・池田 真隆)

オランダ政府は2016年9月、2050年までに国全体でサーキュラーエコノミー に移行する方針を発表したが、首都アムステルダムはその1年前から動いていた。

アムステルダムは2015年に、市主導で世界で初めて「街」としての大規模なサーキュラーエコノミーへの移行調査を実施した。

政府の掲げた目標に向けた段階的な数値目標として、2025年までに65%の一般家庭ゴミをリサイクルまたはリユースに、2030年までに一次原材料資源の50%削減を目指している。まさにいま、アムステルダムは廃棄した資源を有効活用しながら暮らす「実験都市」に変わりつつあるのだ。

昨年の5月、この実験都市に一人の日本人の若者が移住した。安居昭博さん(31)だ。もともとフリーランスのフォトグラファーとして、ドイツ やフランス、デンマークなどで循環経済やサステナビリティを軸に取材し、その様子を動画にまとめて、自身のサイトで紹介する活動を行っていた。映像はANA国際線でも放映されたことがある。

取材で培った知見を生かして、いまでは、サーキュラーエコノミーに関心のある日本企業の視察も受け入れている。最近では、ほぼ毎週、日本からビジネスパーソンが来るという。

日中はオランダで有名なサーキュラーエコノミー先進企業を訪問し、夜には食事をしながらディスカッションを交わす。オランダに住み1年未満だが、これまでに約50社の受け入れをコーディネートしてきた。

昨年12月には、日本でも本格的にサーキュラーエコノミーを推進していくプラットフォームを立ち上げた。その名称 は、「Circular Initiatives & Partners」。運営は、安居さんとサステナビリティにも力を入れるクリエイティブエージェンシー RIDE MEDIA & DESIGN社(東京・目黒)が協働で行う。

このプラットフォームではアムステルダムでの視察イベントやオンライン講習会などが開かれている。視察参加企業との日本独自のサーキュ ラーエコノミー型ビジネスモデルの創出や社外ネットワークの構築、欧州企業との交流を進めている。

安居さんは、「欧州で起きていることをただ真似するのではなく、日本の風土に合った独自のモデルを共創し、逆に日本から世界に好事例を発信していきたい」と話す。

1/2ページ

最終更新:3/31(火) 22:37
オルタナ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事