ここから本文です

チャールズ皇太子、新型コロナウイルス感染による隔離を終了。

3/31(火) 19:28配信

VOGUE JAPAN

英国王室は3月30日(現地時間)、チャールズ皇太子が新型コロナウイルス感染による隔離期間を終えたことを発表した。現在71歳の皇太子はイギリス政府の指針に従って7日間、スコットランドにあるバルモラル城で外部との接触を避けていた。

コモンウェルス・デーに英ロイヤルファミリーが集結【写真】

症状が軽かったことから、その間も公務を続けていたが、医師の診察を受けて体調は問題ないことが確認されたという。カミラ夫人は検査で陰性だったものの、潜伏期間を考慮して14日間の自主隔離を続けている。

また93歳のエリザベス女王は3月19日(現地時間)、夫のフィリップ殿下とともにロンドンのバッキンガム宮殿から郊外にあるウィンザー城に移動した。女王が皇太子と最後に会ったのは3月12日で、健康状態は良好と発表されている。

最終更新:3/31(火) 19:28
VOGUE JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事