ここから本文です

新川優愛「キュンキュンしちゃいました」 『ギルティ』町田啓太との“初恋キスシーン”カット公開

3/31(火) 18:01配信

リアルサウンド

 読売テレビ・日本テレビ系にて4月2日より放送がスタートする『ギルティ~この恋は罪ですか?~』第1話から、新川優愛と町田啓太の“初恋キスシーン”カットが公開された。

【写真】2年ぶりに制服姿で演技に挑戦した新川優愛

 本作は、累計発行部数150万部を突破した丘上あいの人気コミック『ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』をドラマ化したラブストーリー。身近な人々から数々の裏切りにあって幸せを奪われ、許されない純愛に揺れるヒロイン・荻野爽(新川優愛)を取り巻く人間関係と恋愛模様を描き出す。

 公開されたのは、4月2日に放送される第1話での、新川演じるヒロインの爽と、町田演じる秋山の高校生時代の初恋キスシーン。ドラマのクランクインから間もない3月中旬、強風吹き荒ぶ寒い天候の中、2人は制服姿での撮影に臨んだ。

 女性誌編集者の爽(新川優愛)は、愛する夫・一真(小池徹平)との仲も良好で、仕事も順調。ある日、爽は取材で訪れたレストランで、オーナーの秋山(町田啓太)と再会する。秋山は高校時代に付き合っていた爽の初恋の人だった。高校時代、喧嘩を繰り返す両親の間で苦しんでいた爽を励ましてくれたのが、同級生の秋山。爽と秋山は惹かれ合い恋人同士になった。それから13年。偶然の再会で、爽の心に秋山との初恋の日々がよみがえる。爽にとって、秋山は今も忘れられない存在だったのだ。やがて爽は信頼していた周りの人々から次々に裏切られ、不幸のどん底に叩き落される。傷ついた爽にとって唯一の心の支えになっていく秋山の存在。お互いに既婚者同士で許されないと分かっていても、爽の中でかつて愛した秋山への思いが再燃する。

 初恋キスシーンについて新川は、「不意打ちのキスだったので、キュンキュンしちゃいました。町田さんが演じる秋山って、優しいんだけどちょっぴり強引なところがあって、やっぱりズルいなと思いました。制服を着ての演技も2年ぶりぐらいだったので、新鮮で楽しかったです」とコメント。一方の町田は、「二人の気持ちが通じ合うようなシーンになったらいいなと思いながら演技をしました。二人で横に並んだ状態から身体を向けあい、顔に手を添えてキスをするという芝居だったのですが、ずっと同じ体勢で撮影していたので変に力が入って背中と足回りがつってしまいました…歳を感じました」と語った。

リアルサウンド編集部

最終更新:3/31(火) 18:01
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事