ここから本文です

マンU、ファーガソン監督退任は「ギグスさえ知らなかった」。ファン・ペルシが当時を語る

3/31(火) 21:33配信

フットボールチャンネル

 元オランダ代表のロビン・ファン・ペルシ氏が、マンチェスター・ユナイテッド時代を振り返り、サー・アレックス・ファーガソン氏の監督退任の裏側を明かした。フランス『SoFoot』で話している。

【画像】マンチェスター・ユナイテッドの基本フォーメーション

 1986年にユナイテッドの指揮官に就任したファーガソン氏は、2013年5月、そのシーズン限りで監督業を引退すると発表した。これは、チームにとっても衝撃的なことだったようだ。

 ファン・ペルシ氏は「監督がいなくなって、心に穴が空いた感じだった」とコメント。「監督が出ていくことは、ライアン・ギグスでも知らなかったことだ。スコールズもファーディナンドもね。ずっと一緒だった人たちも知らなかったことだ」と当時のことを明かしている。

 ファン・ペルシは2012年夏にアーセナルからユナイテッドへ移籍した。

「契約書にサインをする前、監督に聞いたんだ。『あと何年クラブにいますか』ってね。少なくともあと3年という返答だったよ。ユナイテッドにきたのは彼のためだったから、すごくショックだった」

「人生はそういうもので、監督も選手も出たり入ったりする。ただ、サー・アレックス・ファーガソンがいなくなったら、クラブにとって厳しくなることは誰の目にも明らかだったね」

 ファーガソン氏の監督退任後は苦しんでいるユナイテッド。圧倒的な強さを取り戻す日はいつになるだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:3/31(火) 21:33
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事