ここから本文です

PCカメラ・ヘッドセット… テレワーク急拡大で品薄に

4/1(水) 17:12配信

NIKKEI STYLE

新型コロナウイルス感染症の広がりに伴い、テレワークを導入する企業が増加している。東京・豊島のビックカメラ池袋本店パソコン館では、「2月中旬以降、ヘッドセットやパソコン(PC)カメラ、ポータブルSSDなどのテレワーク関連商品の販売増が顕著にみられる」(奈良井亮一店長代理)という。


全国の家電量販店やECサイトのPOS(販売時点情報管理)データを集計しているBCN(東京・千代田)の調べによると、2020年2月16日~3月15日の1カ月間のPC市場全体の販売実績は、前年同期比5.7%減であったのに対して、テレワーク関連商品の筆頭といえるPCカメラは145.6%増と約2.5倍の実績。ポータブルSSDは126.2%増、液晶ディスプレーは11.1%増、ヘッドセット(音楽用途や外出先で聴く製品を除くため、接続方式において、BluetoothやLightning、microUSB対応商品を除外して集計)は6.8%増となった。市場全体が減少しているなかで、テレワーク関連商品の売れ行きの良さが際立つ。ヘッドセットの伸び率についても、「品薄の影響がなければ、もっと売れている」との指摘もある。

■いち早くテレワークコーナーを設置したビックカメラ

ビックカメラ池袋本店パソコン館は、2月19日から、7階フロアにテレワークコーナーを設置。業界に先駆けた取り組みとして注目を集めた。現在、1階フロア、3階フロアにもテレワークコーナーを拡張。それぞれのフロアをつないで映像や音声でやりとりし、テレワークを実演。それをもとにユーザーに最適なスペックの商品を選べる環境を用意している。

テレワークコーナーの設置をリードした同店の奈良井店長代理は、「新型コロナウイルスに対する危機感が今ほどではない時期から、ニュースではテレワークの広がりが指摘されていた。販売データを見たところ、PCカメラの販売台数が増加しており、店頭においても関連商品の需要が顕在化していることがわかった。そこで、テレワークコーナーを設置した。現在、ビックカメラでパソコンを取り扱っているすべての店舗にはテレワークコーナーを設置している」とこれまでの経緯を振り返る。

ビックカメラでは、東京五輪の開催を見据えて、3月下旬から4月にかけて、売り場にテレワークコーナーを設置する考えだったというが、新型コロナウイルスの影響で、それが1カ月半ほど前倒しになった。

ビックカメラ以外にも、都心部の量販店などでは、テレワークコーナーを設置する例が相次いでいる。

ビックカメラ池袋本店パソコン館の7階のテレワークコーナーは、2台のPCデスクと椅子を置き、家庭内でのテレワークの様子を演出。テレワークに使用するためのノートPC、ヘッドセット、PCカメラ、セカンドディスプレー、ハードディスクやSSD、プリンター、無線LANルーター、マウス、シュレッダー、電子メモ、のぞき見防止フィルムのほか、除菌クリーナーも展示している。これらの商品が、いわば「テレワーク関連商品」といえるだろう。

「2月下旬までは、ヘッドセットを10台購入するなど、テレワークを開始する企業がまとめて購入していくことがあった。3月に入ってからは、会社帰りに自宅用に購入していくお客様が多い」(奈良井店長代理)という。

1/3ページ

最終更新:4/1(水) 19:17
NIKKEI STYLE

あなたにおすすめの記事