ここから本文です

今だからこそ夢を語ろう! 佐々木朗希は伝説の大投手・沢村栄治の再来になる!/川口和久WEBコラム

4/1(水) 11:14配信

週刊ベースボールONLINE

新人2人の開幕投手も面白い?

 新型コロナウイルスの蔓延で、日本中がとんでもない状態になっている。

 あまりに軽率だった藤浪晋太郎はじめ阪神の若手についての話は、今週号の「週べ」で書いたので、ここでは触れない。
 けっこうキツめになったが、真っ当なことを書いたつもりだ。機会があれば読んでみてほしい。

 もはや開幕が5月にずれ込むことが確実視されているが、その中で少しでも明るい話題を探すとしたら、やはりロッテの新人・佐々木朗希だろう。
 先日、早くも打撃練習に登板していたが、あれはすごい、いや、すごすぎる。
 150キロ台後半の真っすぐもそうだが、スライダーもキレ味抜群。
 このまま一軍のゲームに登板しても、3イニングくらいなら問題なく抑えられるだろう。
 一般的には新人が打撃練習で初登板というと、「バッター相手に緊張し、ストライクが入りませんでした」となることが多いが、佐々木は別次元だね。
 立ち居振る舞いが堂々とし、腕もしっかり振れていた。

 フォームは抑え気味だったが、それでも156、157キロだからね。まあ、むしろ抑え気味にしたことで、いい意味で力が抜けていたと言えるのかもしれない。
 高校時代に150キロと言われた投手がプロに入ったら140キロ台前半しか出ないというのはよくあるが、あの球を見ていたら、目いっぱい投げたら、今の段階でも160キロは出るんじゃないかな。
 真っすぐだけなら、松坂大輔や田中将大の新人時代を遥かに超えている。
 すごい新人が出てきたものだ。

 佐々木は甲子園にも出ていないし、未知の大器というのか、分からないぶん、期待感が高まる。
 もちろん俺は見たことなんてないが、戦前の沢村栄治さんみたいなものかな。
 中等学校を中退した17歳が、メジャー相手に1失点完投で、日本中、そしてアメリカに名前を轟かせたと聞く。
 佐々木を沢村の再来というと、大げさと言われそうだが、野球が完全に中断中のいま、そのくらいの夢を語ってもいいだろう。

 佐々木の一軍デビューが今から楽しみで仕方がない。いきなりノーヒットノーランとかしたら球界も盛り上がるだろうな。

 ヤクルトの新人・奥川恭伸もヒジ痛が順調に回復しているらしい。
 二軍の試合もストップしているが、公式戦がないことで、焦らず、じっくり調整できるプラスはあるだろう。
 もともと完成度の高い投手だし、ヤクルトの台所事情を考えると、実際の一軍デビューは佐々木より早いかもしれない。

 2人の競演が7月くらいに遅れた交流戦で見られたら……、いや、まさかだけど、そのくらいからの開幕になったら2人とも開幕投手候補になっているかもしれないね。

 それにしても、いつからプロ野球は再開できるのか。野球教室も軒並み中止だし、俺たち解説者は完全に干上がっちゃいそうだよ。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/1(水) 13:54
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事