ここから本文です

「楽しみにしていましたが…」渋野日向子が、ツアー第7戦中止を受け綴った想いとは!?

4/1(水) 5:30配信

THE DIGEST

 新型コロナウイルス感染拡大による日本女子ゴルフツアー第7戦「KKT杯バンテリンレディスオープン」(4月17日~19日)の開催中止を受け、女子プロゴルファー渋野日向子が自身のインスタグラムに想いを綴った。

【画像】渋野日向子がツアー第7戦中止を受け綴った想いはこちら

 今年2月、渋野は今大会のスポンサーであり「バンテリン」ブランドとして知られている、興和株式会社とパフォーマンスサポート契約を結んでいた。その興和株式会社が特別協賛するトーナメントの開催中止に対し、「契約プロとして臨む大会でとても楽しみにしていましたが、地元の方々や選手、大会関係者の皆様の安全を第一に考えて下さった決断だと思っています」とコメント。

 続けて、「今は自分自身もこれ以上の感染拡大の防止に努め、いつ開幕しても力を発揮できるよう、引き続き気持ちを持って調整を続けていきたいと思っています。開催に向けてご準備頂いた大会関係者の皆様、本当にありがとうございました。1日でも早くファンの皆様に会えるのを楽しみにしています」と今後に向けての意気込みと、関係者へ感謝の意を示した。

 渋野は、ルーキーイヤーとして挑んだ昨年、女子ゴルフツアーに旋風を巻き起こした。国内ツアー4勝、さらには日本勢として42年ぶりに全英オープンを制し、一躍大ブレイク。いまだ開幕の兆しが見えていない状況だが、満面のシブコスマイルを見られる日を心待ちにしたい。

構成●THE DIGEST編集部

最終更新:4/1(水) 5:49
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事