ここから本文です

挑戦失敗! 日本に正規輸入されるもあえなく撤退した輸入車ブランド4選

4/1(水) 11:40配信

WEB CARTOP

撤退したままのブランドやブランドごと消滅してしまったものも

 2021年夏をめどに日本で再びブランドを再展開することが発表されたオペル。一時期はヴィータが人気を集めたブランドであったが、2006年で日本市場から撤退していた。そんなオペルのように再び日本に上陸したブランドもあれば、撤退したままのブランド、そしてブランドごと消滅してしまったものまでさまざま。そこで今回は、かつて日本で正規販売がなされていた輸入車ブランドを振り返ってみたい。

【写真】海外でしか買えない日本の激アツ車!

1)ローバー(イギリス)

 社名だけで考えれば1800年代から存在していたローバーは、その歴史を振り返るだけでものすごいページ数を消費してしまうため割愛するが、やはり代表的な車種といえば「ローバー・ミニ」や「ランドローバーシリーズ」などだろう。

 日本では1989年にローバージャパンが誕生し、ミニやランドローバーシリーズのほか、当時提携していたホンダ製のエンジンなどを搭載した400、600、800シリーズなどを販売。99年には新たなフラッグシップモデルとして75がリリースされたが、2000年をもってローバー社の正規輸入販売は終了した。現在、ローバーの商標はインドのタタ・モーターズが所有しているが、ローバーブランドの車両はリリースされていない。

2)ランチア(イタリア)

 デルタHFインテグラーレやストラトスなど、クルマ好きの間ではラリーウェポンのイメージの強いイタリアの自動車ブランドであるランチア。近年でも一部専門店が並行輸入をした3代目デルタなどが日本に入ってきており、マニアの間では知られた存在と言えるブランドだ。

 しかし正規輸入という点で見ると、なんと1998年にマツダがオートザム店で販売していたころまでさかのぼらなければならないのである。ちなみにオートザムでは、テーマ、デドラ、デルタ、プリズマが販売されていたが、未だにマツダ系列の販売店でメンテナンスを受けている個体は果たしているのだろうか?

3)フォード(アメリカ)

 現代の自動車産業の原点となったモデルTをはじめ、多くの代表的な車種を抱えるフォード。日本でも1980年代にマツダ車をOEM販売していたり、マスタング、フォーカス、エクスプローラーとなじみの深い車種も少なくない。

 日本での販売は1925年に日本フォードが設立され、長らく正規輸入販売が続けられてきたが(中断時期も含む)、2016年をもって日本市場から撤退してしまっている。現在もフォードユーザーのために元正規ディーラーがアフターサービスを行っていたり、独自で並行輸入したフォード車を販売しているのはありがたいところだ。

4)ヒュンダイ(韓国)

 1967年創立と歴史は浅いものの、近年ではグループ全体の販売台数では世界トップ5にランクインするほど世界中で評価の高いヒュンダイ。もはや一流メーカーと言っても過言ではない実力を持ち合わせている。

 そんなヒュンダイは、2001年に日本市場へ参入。2002年に開催された日韓ワールドカップのメインスポンサーとしても一躍知名度を上げていた。しかし、日本ではまだまだブランドイメージの低さやアフターサービス面での不安もあり、2010年をもって乗用車販売から撤退してしまった。ただし、大型バスのユニバースは日本での正規販売が続けられており、こちらは堅調な販売をキープしている。

小鮒康一

最終更新:4/1(水) 19:05
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事