ここから本文です

まさかの復活『がんば“れいわ”!!ロボコン』新作映画、始動!

4/1(水) 7:05配信

アニメージュプラス

『仮面ライダー』や『サイボーグ009』の原作者・石ノ森章太郎が生み出した伝説のロボット物語『がんばれ!!ロボコン』が、『がんばれいわ!!ロボコン』として復活、MX4D上映も公開されることが決定した。

【関連画像】がんばれ!!と燃えろ!!のロボコンを振り返る(写真3点)

4月1日(エイプリルフール)の発表となるが、これはマジです!
何と昭和、平成を駆け抜けた伝説のロボット『ロボコン』が令和に復活決定!!
『がんばれいわ!!ロボコン』となって2020年7月31日(金)にMX4Dを含む全国公開となる。

タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい 眼が特徴的なドジなロボット・「ロボコン」。
1975年に『がんばれ!!ロボコン』が放送されるや、同時期に誕生した『スーパー戦隊』、『仮面ライダー』とともに瞬く間に子どもたちの共感を呼び、最高視聴率は29.2%を誇る人気作となった。

原作は『仮面ライダー』『サイボーグ009』など、数々のキャラクターを生み出し、“マンガの王様”と称される石ノ森章太郎。
1999年~2000年にかけては、香港で巻き起こった空前の『ロボコン』ブームが日本にも押し寄せ、『燃えろ!!ロボコン』が放送された。
前作『がんばれ!!ロボコン』を観ていた世代が親となり、親子2世代で楽しめるコメディロボット作品となった。

そして、令和に突入した今、新生『ロボコン』が20年ぶりに映画になって帰ってくる!
タイトルは『がんばれいわ!!ロボコン』。
文字通り“がんばれ”と“令和(れいわ)”をかけ、コメディ作品としての“ギャグ”をタイトルでも表現している。昭和、平成、令和と3つの時代を一貫したギャグセンスで駆け抜けてきた新生『ロボコン』が本作で親子3世代、いや4世代の動員を狙う!

さらに、本作で石田秀範監督と脚本家:浦沢義雄による『燃えろ!!ロボコン』以来の夢の再タッグが実現。石田監督は、「ヒデ・ I」の名義で『燃えろ!!ロボコン』の監督を務め、『平成仮面ライダー』シリーズでも数多くの作品を手掛けてきた。
一方の浦沢も代表作である『不思議コメディー』シリーズを筆頭に、『スーパー戦隊』シリーズといった特撮作品に加え、『忍たま乱太郎』『クレヨンしんちゃ
ん』などの子ども向けアニメ作品まで知り尽くした脚本家。この両者が20年ぶりのタッグを組み、満を持して新生『ロボコン』を生み出す。

新生『ロボコン』が、令和の時代にどんなドタバタ劇を繰り広げるのか、そして迫力満点のMX4Dでロボコンはどんな形態に生まれ変わるのか!?
また、本映画企画発表にあわせて『がんばれいわ!!ロボコン』映画公式Twitter(@toei_ROBOCON)も開設。今後の新情報にも注目していきたい。

(C)石森プロ・東映

アニメージュプラス 編集部

最終更新:4/1(水) 7:05
アニメージュプラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事