ここから本文です

アニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅』第14話は配信サービス限定放送! 5/8発売のBD&DVD BOX 2にも収録

4/1(水) 19:15配信

アニメージュプラス

2020年1月に放送がスタートしたTVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅』は、3月31日(火)に放送された第13話でTV放送はひと区切りとなったが、配信サービス限定で4月7日(火)より配信される第14話からあらすじと先行カットが公開となった。また、この第14話は5月8日(金)に発売となるBlu-ray&DVD BOX 2に収録される。

【関連写真】『魔術士オーフェンはぐれ旅』第14話先行場面カット ほか(全11点)

秋田禎信によるライトノベル『魔術士オーフェン』は、1994年の第一巻刊行以降、様々なシリーズが発表され、累計1400万部(電子書籍含む)を突破するダークファンタジー。1998年と1999年の2度にわたりアニメ化され、現在も様々な作品のコミカライズが連載されるなど、熱狂的なファンを生み続けるラノベのマスターピースだ。
そしてシリーズ生誕25周年を迎えた2020年、満を持して完全新作TVアニメとして蘇ったのが、現在放送中のTVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅』。第14話では、アザリーとの決着をつけるために一人でキムラックへ向かおうとするオーフェンだったが、クリーオウ、マジクと行動を共にすることに。オーフェンたちの旅の行く末ははたしてどうなるのか?

第14話「天人の遺産」
<あらすじ>
アザリーは、チャイルドマンが何をしようとしていたかを突き止めるべく、バルトアンデルスの剣と「世界書」を携え、キムラックへ出発していた。一方、アザリーとの決着をつけるために、一人でキムラックへ向かおうとするオーフェンだったが、クリーオウ、マジクと供にキムラックへ向かうことになり、レティシャ邸を後にする。
はたして、オーフェンたちの旅の行く末は……。
<各話スタッフ>
脚本:國澤真理子
絵コンテ:藤原良二
演出:吉田俊司
作画監督:重松しんいち/吉川知希/森本浩文/舘崎 大/岡 遼子/清水勝祐/斉藤香織
アクション作監:戸倉紀元
総作画監督:中村深雪/森本浩文/青野厚司

●アニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅』
<放送情報>
AT-X:1月7日より毎週火曜日23:00~
BSフジ:2020年1月7日より毎週火曜日24:30~
TOKYO MX:2020年1月8日より毎週水曜日22:00~
WOWOW:2020年1月8日より毎週水曜日24:00~
<スタッフ>
原作:秋田禎信(TOブックス刊) イラスト:草河遊也 監督:浜名孝行 シリーズ構成:吉田玲子 キャラクターデザイン:吉田隆彦 音楽制作:ランティス 編集:小野寺桂子 プロデュース:GENCO アニメーション制作:スタジオディーン
<キャスト>
オーフェン:森久保祥太郎 クリーオウ:大久保瑠美 マジク:小林裕介 ボルカン:水野まりえ ドーチン:渕上 舞 チャイルドマン:浪川大輔 アザリー:日笠陽子 レティシャ:伊藤 静 ハーティア:坂 泰斗 コミクロン:安田陸矢 フォルテ:前野智昭 ウオール・カーレン:津田健次郎 ハイドラント:吉野裕行 スエイン:岡本信彦

(C)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会

アニメージュプラス 編集部

最終更新:4/1(水) 19:15
アニメージュプラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事