ここから本文です

「レアルの選手として引退したい」ユース育ちのルーカス・バスケスが夢を語る

4/1(水) 9:20配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリードに所属する28歳のスペイン代表FWルーカス・バスケスが、将来的に同クラブの選手として現役引退したいと明言した。3月31日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

【画像】レアル・マドリーの基本フォーメーション

 バスケスはマドリーの下部組織で育ち、2014年8月からの1年間はエスパニョールへ期限付き移籍。2015年7月にマドリーへ復帰すると、シーズン終盤には主力に定着する。今季は怪我で離脱する期間もあったが、公式戦18試合に出場し3得点2アシストを記録していた。マドリーとの契約は2021年6月まで残っている。

 バスケスは「マドリーのユースで成長できたのは良かった。いくつか困難な時期はあったが、トップチームでプレーして夢を達成するというのは素晴らしい経験だった。マドリーの選手として引退出来ると良いなと思っている」と語っている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/1(水) 9:20
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事