ここから本文です

静学のアザール・松村優太。 「18歳でも若いとは言っていられない」

4/1(水) 11:00配信

webスポルティーバ

鹿島アントラーズ・松村優太インタビュー@後編

 鹿島アントラーズに加入した松村優太は、先の全国高校サッカー選手権大会で優勝した静岡学園高校の10番として、たびたび得意のドリブルで決定機を作り出した。

【動画】金崎夢生のベストプレー集!

「ボールを持ったら放さない」と言わんばかりのドリブルは、試合を重ねるたびに注目を集め、同校初の単独優勝という快挙の立役者にもなった。

「鹿島アントラーズ・松村優太インタビュー@前編」はこちら>>>

 自身も武器と認識する「スピードとドリブル」は、どのように磨いてきたのだろうか。

「もともと、子どもの頃から足は速かったんです。だから、ドリブルにも自信はありました。でも、ジュニアユースの頃までは、ひとり目をかわしても、ふたり目でボールを取られたりと、そこで終わってしまうことのほうが多かったんです。

 スピードのある選手特有の速さに頼っていただけ、だったかもしれません。でも、静学(静岡学園)で足もとの技術が身についたことによって、何人来てもボールを取られないようなボールタッチの感覚が養われたんだと思います」

大阪で生まれ育った松村は、日本国内でも個のスキルを磨くことに長けた静岡学園高校に進学。そこで得意のドリブルに磨きがかかった。ただ、"静学"を選んだのは、足もとの技術を学びたいと思っていたからではなかったようだ。

「大阪から外に出たいと思っていたんですよね。中学時代は大阪府の選抜に入っていたわけでもなく、ほかから声がかかるような選手ではなかったんです。

 ただ、アントラーズでも先輩の名古(新太郎)くんが自分と同じ大阪東淀川FCでプレーしていて、自分よりも先に静学に進学していたことが大きかったんです。そうした縁もあって、声をかけてもらって。

 当時の自分はあまり高校サッカーを見る機会もなくて、正直、静学のこともあまり知らなかったくらい。でも、調べてみたら個の能力を主体としたサッカーをしているということがわかった。県外に出たいという思いも強かったので、それもあって静学に行くことにしたんです」

1/4ページ

最終更新:4/1(水) 11:00
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事