ここから本文です

2リーグ制後、中日初の開幕スタメンマスクなるか

4/2(木) 11:03配信

週刊ベースボールONLINE

 開幕延期をさらなる準備期間ととらえ、「開幕スタメンマスク」を目指しているのが、中日のドラフト4位ルーキー・郡司裕也だ。実現すれば、2リーグ制後では球団初の快挙となる。

評論家の順位予想がバラバラのセ・リーグ「投手王国」の中日が下克上も

 慶大時代、4年秋に東京六大学リーグ戦後14人目の三冠王に輝いた郡司。実戦ではその打撃でアピールした。実戦経験を積むために出場した3月上旬の二軍春季教育リーグでは、2試合で6打数4安打、打率.667と大暴れ。オープン戦では10試合に出場して14打数5安打、打率.357と、しっかりと結果を残している。

 課題は捕手としてのリード面で、経験がものを言う仕事だけに、投手とのコミュニケーションも含めて場数が必要になる。練習試合すら行えず、他選手との接触も制限される現状は郡司にとって「逆風」とも言えるが、成長への貴重な時間ととらえたい。捕手として信頼されてこそ、自慢の打力が生かせるというものだ。

「開幕マスクは自分だという強い気持ちでやっていきます」と語るルーキー捕手。ドラゴンズの歴史を塗り替えることができるか。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/2(木) 11:39
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事