ここから本文です

「この人がディーラーの営業なら買ってしまいそう!」男性芸能人、女性芸能人の1位は?【ホンダアクセス調べ】

4/2(木) 10:10配信

Auto Messe Web

「助手席でやられたら嫌な行為」も調査

 ホンダ車を魅力的にできるパーツをリリースしている「ホンダアクセス」が、マイカーを持っている20歳~69歳の既婚ドライバー1000人に対し「クルマの購入とカーライフ費用に関する実態調査2020」をインターネットでリサーチした。カーライフに関する芸能人ランキングを含めた興味深い調査結果となった。その一部を紹介しよう。

【調査データ20個】ハイウェイラジオの渋滞情報の声が芸能人の誰であればいいと思うかなど

 まず「この人が自動車ディーラーの営業だったら、オススメされたクルマを買ってしまうと思う芸能人」がテーマ。結果、男性芸能人では1位「明石家さんま」、2位「佐藤健」、3位「福山雅治」、4位「所ジョージ」、5位は「木村拓哉」と「櫻井翔」という結果。

 そして女性芸能人は1位が「綾瀬はるか」、2位は「石原さとみ」と「北川景子」、4位「天海祐希」、5位は「広瀬すず」と「新垣結衣」と、男女ともに魅力がある人気芸能人の名前があがった。

 次に「ハイウェイラジオの渋滞情報の声がこの人だったらどんなに長い渋滞も我慢できると思う芸能人」がテーマ。男性芸能人では1位「福山雅治」、2位「明石家さんま」、3位「所ジョージ」、4位「大泉洋」、5位「松本人志」。そして、女性芸能人は1位「綾瀬はるか」、2位「新垣結衣」、3位「広瀬すず」、4位「石原さとみ」、5位「壇蜜」の名前があがった。  

 たしかに福山雅治さんのような落ち着きのある声や。綾瀬はるかさんのような優しい声がラジオから聞こえてきたら長い渋滞も苦にならないという人が多いのかもしれない。

 ただし、そんなニコニコな時でも、自身の運転中に配偶者に助手席でやられると、テンションが“ダダ下がり”になってしまうこともある。そんな配偶者の助手席での行動について聞いてみると、「運転に口出しする」(40.8%)が最も高く、次いで「渋滞にハマるとイライラする」(28.7%)、「『まだ?』を連発する」(27.6%)、「道順に口出しする」(20.3%)、「寝る」(20.0%)と回答。

 男女別にみると、「運転に口出しする」(男性31.6%、女性50.0%)と「渋滞にハマるとイライラする」(男性19.2%、女性38.2%)は男性と比べて女性のほうが約20ポイント高くなっている。 妻の多くが、夫が横から口出ししたり、渋滞にハマってイライラされたりすると、楽しいはずのドライブがつまらなくなると感じているようだ。

1/2ページ

最終更新:4/2(木) 10:10
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事